下見なしでも東京スカイツリーデートを成功させる方法【後編】

7月11日から当日券も発売し、ますます世間の注目を集めている日本の新名所、東京スカイツリータウン。巷ではスカイツリーの観光ガイドブックや、アプリなども続々と登場している。そこで今回は、アプリの一つ『東京スカイツリータウン&下町散歩 まっぷる』を使ってスカイツリーデートを実行。収録されたモデルプランの“7大撮影スポットで記念写真を撮ろう”のコースを、実際に巡ってみた。

⇒<前編>はこちら http://nikkan-spa.jp/236181

◆東京スカイツリーの見える眺望と下町を体験

スパイスカフェ

スパイスカフェ(ランチ)(8)

 歩いて小腹がすいてきたので、橋の近くにある(8)スパイスカフェに移動した。ここは、築50年以上の古い木造アパートを改築したカフェ。自慢のカレーに舌鼓を打ちつつ、しばし談笑。その後は、下町をのんびり歩きながら雑貨屋の(9)コネルへ。古い民家の1階にあるお店の中には、手作りの雑貨がズラリ。そのキュートなデザインに、えりのちゃんも興味津々だ。アプリには近隣の隠れ家的なスポットの情報が多く、GPSで案内してくれるので迷いにくいのもうれしい。

コネル(雑貨屋)

コネル(雑貨屋)(9)

 それから、押上スカイツリー前駅のほうへ戻って観光案内所のおしなりくんの家に向かう。おしなりくんは、おしなり商店街のマスコットキャラクター。本人とは会えなかったが、彼の巨大人形を挟んで記念撮影。親しげに話しかけてくれる、下町の明るいおばちゃんたちと絡めるのも魅力だ。

源森橋

源森橋(11)

 おばちゃんたちと別れた後、浅草通りを西へ移動して源森橋を目指す。源森橋は、歩道が広く撮影しやすい場所。電車と停泊している屋形船を、スカイツリーと同時に撮影できる絶好のスポットでもある。ここでの記念撮影を終えてゴールの隅田公園に。えりのちゃんに感想を聞くと、「名所をいろいろ回れてうれしかったです!」と好感触。スカイツリーを観光する際は、アプリを利用してみてはいかがだろうか?

モデル/緒川えりの
― ぶらり[東京スカイツリーの旅]のススメ【2】 ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中