「ファースト松井秀喜」は不可!? メジャー暗黙の掟

松井秀喜,メジャー

巨人時代の'99年、東西対抗戦で一塁守備についたことがある

 レイズの松井秀喜が生き残りをかけ、一塁守備の練習をしている。外野守備での先発機会が限定されるうえ、現在インターリーグを戦うチームでは、DH制がない場合もあるため、一塁手としての出場を伺うことになったのだ。

 高校時代は三塁手として鳴らし、巨人入り後も、内野を熱望していたほどだった松井秀喜が、メジャーでどんなに一塁手としての出場を望んでも、そこには大リーグならではの「暗黙の掟」がある。

◆「一・三塁は、白人のモノ」

 1982年のドラフト会議。全米中の注目を集めたひとりの黒人高校生がいた。

 彼の名はショーン・ダンストン。強肩俊足の三塁手として名を馳せていた彼は、高校生ながら全米第1位のドラフト指名を受けてシカゴ・カブスに入団した。

 ところが、プロ入り後の彼の行く手を阻む、大きな壁があった。ショーンは当時のことを振り返る。

「野球選手なら、誰だってファーストやサードに憧れを抱くもんだ。もう30年も前の話だけど、全米ドラフト1位で指名を受けた時は、三塁手としての自信もあったし、もちろん三塁手でメジャー昇格を夢見たさ。ところが、いきなりルーキー・リーグでこう言われたのさ。『おい、坊や。サードは黒人の君が守るべきポジションじゃないぞ』とね」

 結局、彼は三塁手から遊撃手への転向を余儀なくされた。

 マイナーで着実に成長を遂げたダンストンは、プロ入り3年後の1985年、シカゴ・カブスでメジャー昇格を果たした。以来、ケガでの故障者リストを除くと、ダンストンは実に18年もの長きに渡り、内野の名手として一度もマイナー降格を味わうことなく、メジャーで1814試合に出場し続けた。しかし、憧れの三塁手では僅か11試合、一塁手でも16試合の出場に留まったがーー。

 ダンストンの現役最終年は、2002年。ちょうど日本からやってきた人気者、新庄剛志のチームメイトとして、サンフランシスコ・ジャイアンツで過ごしたシーズンだった。ダンストンはそこで、肌の色が異なる新庄に、ことある毎に語りかけていたという。

「オレの時代、ファースト、サードのホットコーナー、そしてセンターは白人のモノだった。野球は結局白人のスポーツなんだ。いま、お前がセンターのレギュラーを奪おうとしていることは、歴史的に大きな意味を持っているんだ!」

 思えば今も昔も、メジャーの一塁・三塁手は、マイク・シュミット、デビット・ライト、スコット・ローレン、トッド・ヘルトン等、白人ばかりが占めている。

 10年連続で3割30本100打点という怪物のような成績を残したアルバート・プホルズ(ドミニカ出身=今季からエンジェルス)やヤンキースの顔、アレックス・ロドリゲス(ドミニカとアメリカの二重国籍)でもない限り、長期に渡って一塁、三塁を守り続けることは不可能なのだ。

 そんななか、松井は契約中のメーカーにファーストミットを発注したという。

 翌日のスタメンを地元の商工会議所に委ねる(http://nikkan-spa.jp/206184)メジャー屈指の「変わり者」のボス、ジョー・マドン監督なら、そんな「暗黙の掟=unwritten rule」なんてどこ吹く風。「四番・ファースト・松井秀喜」を実現してくれるかもしれない。

<取材・文・撮影/NANO編集部
海外サッカーやメジャーリーグのみならず、自転車やテニス、はたまたマラソン大会まで、国内外のスポーツマーケティングに幅広く精通しているクリエイティブ集団。「日刊SPA!」ではメジャー(MLB)・プロ野球(NPB)に関するコラム・速報記事を主に担当

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中