モツ煮込みなら味噌・醤油より「塩煮込み」がツウ!

― 酔っ払いの達人・大竹聡オススメの名店 その2 ―

 SPA!本誌にて、5月よりスタートした『酒とつまみ』元編集長・大竹聡氏による新連載「アホほど飲むな!」。アホほど飲んじゃった愛すべき人々がおりなす人間模様を綴ったエッセイなわけですが、当欄では大竹氏「オススメの名店」についても少し紹介しています。

 そこで日刊SPA!では、誌面に載った名店の魅力について、より詳しくご案内します。

◆超人気メニュー「塩煮込み」

 2軒目となる今回は、浅草橋で開業して40周年をむかえる名店、「西口やきとん」(週刊SPA!5月22日発売号にて掲載)。ご存じの方も多いだろうが、「やきとん」とは焼いた豚のこと。タンやハツ、カシラ、レバー、シロ、ガツ(すべて1本100円・1本から注文可)など、やきとん&やきとりはもちろんのこと、野菜やフランスパン(!)の串焼きやマカロニサラダなどの皿ものと、メニューはかなり充実している。

 ただ、ココに来たらぜひ食べてほしいのが「塩煮込み」(200円)。煮込みというと味噌や醤油味が主流だが、西口やきとんは塩味! 味のしっかりしみ込んだ野菜とモツがたっぷり盛られた塩煮込みは、じんわり身体も心もほぐされる味で、やはり酒がすすむ。……と、隣にいた常連だという中年の女性から、「コレも食べてみなよ!」と「トマトの串焼き」を勧められた。ミニトマトをベーコンに包んで焼いたもので、こちらも口に含むとほのかに酸味のある熱々のトマト汁とベーコンの旨みが混ざり合い、トマトスープをほうばっているような感覚に(大げさに言っているわけじゃあないんです)! おばちゃんも「ね、旨いでしょう(笑)」と得意気だ。

⇒【画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=238860

西口やきとん

コレが絶品、トマト串!(新しいメニューらしい)

 手を休めることなく丁寧に焼き続けるマスターの渡辺さんだが、常連客にひきりなしに声をかけられ、店内は開店直後から賑やか。JR浅草橋駅から徒歩3分、元気をもらえる名店ココにあり。あ、塩煮込みの写真、旨すぎて撮るの忘れました、すみません! ぜひ、足を運んで実食を~!

西口やきとん
【住所】
東京都台東区浅草橋4-10-2
【営業】
平日16:30~23:00
土曜15:00~21:00
日曜15:00~22:00
祝日定休 ※詳細は、03-3864-4869  

SPA!編集部の「西口やきとん」ファンの先輩が言うには「串焼きしたフランスパンに皿なんこつ(150円)をのせて食べるのが美味いんだよ。あとはホイス(280円 ※西口やきとんオリジナルハイボール)ね」とのこと。次に訪れたら試してみよう

<取材・文/おはつ(本誌) 撮影/菊竹 規>

週刊SPA!5/29・6/5合併号(5/22発売)

表紙の人/野宮真貴

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中