リアルすぎるホームレスの名言・珍言セレクション

廃車,ホームレス

廃車かと思いきや、住民がいることもしばしば。10年ほど前までは暴動の際に焼き討ちに遭った車も転がっていた(西成)

 筆者がホームレスを取材し始めたのはかれこれ15年ほど前。まだまだ山谷には活気があり、西成には1990年の暴動の際に焼き討ちされた乗用車が手つかずのまま転がっていた。

 今回は取材で出会ったホームレスのおっさんたちが、筆者、そしてホームレス取材をやらせたら右に出る者はいないと言われる、ライターの村田らむ氏の胸に打ち込んだ珠玉の名言、珍言をここで紹介したい。

◆「わしはあれや、指名手配やからな。あんまり喋ると捕まるからな。この顔にピッ!ときたら110番や!」

 関西某地区にあったテント村を取材していた際に知り合った50代のおっさん。指名手配のくだりはギャグだと思うのだが、けっこう本当に指名手配だったりすることもあるので聞けなかった。

◆「チッ!『わかば』かよ」

ホームレスの取材では、謝礼として煙草や酒(ワンカップの焼酎)を渡すと喜ばれる。だが、さすがに大人数に話を聞くとお金もかかるので、わかばやエコーを配ったのだが……。

◆「ホームレスを守る運動のため、来月は沖縄まで行く予定です」

 名古屋で話を聞いたホームレスの男性は、強制撤去など行政と闘う活動家でもあった。沖縄だけでなく、大阪や東京などにも足を伸ばし、ホームレス同士で交流を深めているという。

 沖縄行けるのかぁ~と思うと、ちょっとうらやましかった。

◆「さてはお前たち、スパイだな!」

 関西某地区の公園でホームレスのおっさんから話を聞いていると、録音用のテープレコーダーを見ていきなり激昂。最初に「テープレコーダー回しますね」って言って、見せたのに……。

◆「昼間、体を動かさないと、夜、凍え死ぬぞ!」

 上野公園にあったテント村で、ホームレスにまじって暮らした村田氏。テントを張る際、ボス格のホームレスに路上生活の極意を問うたところ言われたのがこちら。路上生活の厳しさを物語る一言である。

◆「今さら屋根付きの部屋じゃ寝れんよ」

上野公園

上野公園に住んで20年のベテランホームレス。かなりアヴァンギャルドな服装がポイント

 上野公園で20年近く路上生活をしてきた男性。一度も施設に入ったり行政から援助を受けたりせずに生きてきた自負を語ってくれた。故郷の鹿児島に帰ることもできず、「(上野公園の)西郷さんの足下で死ねたらねぇ……」とポツリと漏らした。思わずもらい泣きしそうに……は、ならなかったけどね。

◆「何がシェルターだ! 馬鹿にしやがって! フセインじゃねぇんだからよ!」

 行政が建てたホームレスのための支援、収容施設(シェルター)について話を聞くと、だいたい評判が悪い。まぁ、フセインの方がもうちょっとイイとことにいたと思うんだが……。

◆「お前ら! 写真なんか撮らなくたっていいだろ! イラストでいいだろ! 大体でいいんだよ! そんなことより、心に焼きつけろよ! ここで起きてる全てをよ!」

 神奈川某地区で話を聞いていた若いホームレスが、突然怒りだし、それに釣られて周囲のホームレスも同調して村田氏に「帰れ! 帰れ!」の大合唱が始まってしまった。その際に言われた一言。なんだか感動的な言葉なのだが、カメラを出していたわけでもなく写真撮影もしていなかったのに……。そして帰ろうとすると「あれ? もう話聞かなくていいの?」と言われてギャフン。

⇒【後編】へ続く http://nikkan-spa.jp/242513

<文/テポドン(本誌) 協力/村田らむ>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中