1箱1000円の世界! ニューヨークのタバコ事情

タバコ,アメリカ

ニューヨークの中心部にある販売店。タバコ以外に葉巻なども扱う

 アメリカ・ニューヨークのとある街角。雑貨屋に入り、店員にお奨めのタバコを聞いてみた。すると、「一番、人気があるのはコレだね」と差し出されたのは、日本でもなじみの深いマルボロ。だが、その価格にビックリした。

「1箱14ドルだよ」

 じゅ、じゅうよんドル!? 日本円に換算すれば、おおよそ1120円(1ドル=80円)にもなる。ちなみに、日本でのマルボロ1箱の価格は440円だ。日本では’10年10月から、タバコ増税に伴い価格が1箱で約100円上がったが、ことニューヨークに比べれば、その値段はまだはるかに安い水準なのである。さらなる値上げも議論されるなか、「1箱1000円までは吸い続ける」などと思っていた喫煙者もいるかと思うが、ニューヨークでは”リアル1000円”の世界が広がっていた。

「実際、ニューヨークでもやめる人がドンドン増えていますよ」と話すのは、ニューヨーク在住の日本人カメラマンだ。

タバコ,アメリカ

売店に並ぶ銘柄はほぼ11ドル以上の高額

「ニューヨークでは毎年のように、増税によってタバコ価格が上がっているんです。最近では’10年に州税が上がって、今では1箱あたり4.35ドルの税金がかるんです。ちなみに、消費税も8%かかります」

 それに伴い、メーカーも値上げを繰り返し、今では店頭で売られているタバコのほとんどの銘柄が11ドルを超えているのだそう。

◆公共の場で吸える場所は皆無。その結果……

 また、日本と同様、いや、むしろそれ以上にニューヨークではタバコを吸える場所がない。ニューヨークでは、’11年5月から市議会による公共の場での禁煙を義務付ける条例が施行された。その結果、レストランやファストフード店や公園はおろか、バーやライブハウスでもほぼ全面禁煙。最近では、「全室喫煙のホテルやアパートメントも増えている」(前出の日本人カメラマン)という。

 では、追い詰められたスモーカーは自宅でこっそり吸っているのか……といえばそうでもない。堂々と路上喫煙をしまくっているのだ。街中を歩くと、その”歩きタバコ”の多さが目につく。いたるところにタバコの吸い殻が放置され、ランドマークの一つ、マディソンスクエアガーデン前の植木鉢のなかは、さながら灰皿のようになっていた。同条例では違反者には50ドルの罰金が科せられるのだが、ほとんど形骸化しているということなのか……。

 ちなみに同様の方策はヨーロッパでも行われているそう。イギリスから来たある男性は、「ロンドンも吸える場所がなくなって、皆路上で吸っている。けど、ロンドンは寒いから路上喫煙が辛い。おかげでやめる人が増えすぎて、逆に税収が悪くなってるよ」と話す。

タバコ,アメリカ

この売店で一番安かったタバコ。買うとサービスにマッチを渡す店が多い

 話は冒頭に戻り、あまりの高額さにげんなりした記者は、「一番安いタバコを教えてくれ」と店員に聞いてみた。すると「これなら5ドルだよ」と差し出されたのは「Cheyenne」という銘柄だった。試しに吸ってみると……「マ、マズイ。やけにフィルターが硬く、辛い」(あくまで記者の主観です)。そんな様子を見た店員が言う。

「ハハハ、だろう。だからあんまり吸う人はいないんだよ。皆、高いけどガマンしてマルボロとか買うんだ」

 そんなニューヨーカーたちの姿に、どこか日本の将来の姿を見た気がした記者だった。 <取材・文・撮影/秋山純一郎>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中