1箱1000円の世界! ニューヨークのタバコ事情

タバコ,アメリカ

ニューヨークの中心部にある販売店。タバコ以外に葉巻なども扱う

 アメリカ・ニューヨークのとある街角。雑貨屋に入り、店員にお奨めのタバコを聞いてみた。すると、「一番、人気があるのはコレだね」と差し出されたのは、日本でもなじみの深いマルボロ。だが、その価格にビックリした。

「1箱14ドルだよ」

 じゅ、じゅうよんドル!? 日本円に換算すれば、おおよそ1120円(1ドル=80円)にもなる。ちなみに、日本でのマルボロ1箱の価格は440円だ。日本では’10年10月から、タバコ増税に伴い価格が1箱で約100円上がったが、ことニューヨークに比べれば、その値段はまだはるかに安い水準なのである。さらなる値上げも議論されるなか、「1箱1000円までは吸い続ける」などと思っていた喫煙者もいるかと思うが、ニューヨークでは”リアル1000円”の世界が広がっていた。

「実際、ニューヨークでもやめる人がドンドン増えていますよ」と話すのは、ニューヨーク在住の日本人カメラマンだ。

タバコ,アメリカ

売店に並ぶ銘柄はほぼ11ドル以上の高額

「ニューヨークでは毎年のように、増税によってタバコ価格が上がっているんです。最近では’10年に州税が上がって、今では1箱あたり4.35ドルの税金がかるんです。ちなみに、消費税も8%かかります」

 それに伴い、メーカーも値上げを繰り返し、今では店頭で売られているタバコのほとんどの銘柄が11ドルを超えているのだそう。

◆公共の場で吸える場所は皆無。その結果……

 また、日本と同様、いや、むしろそれ以上にニューヨークではタバコを吸える場所がない。ニューヨークでは、’11年5月から市議会による公共の場での禁煙を義務付ける条例が施行された。その結果、レストランやファストフード店や公園はおろか、バーやライブハウスでもほぼ全面禁煙。最近では、「全室喫煙のホテルやアパートメントも増えている」(前出の日本人カメラマン)という。

 では、追い詰められたスモーカーは自宅でこっそり吸っているのか……といえばそうでもない。堂々と路上喫煙をしまくっているのだ。街中を歩くと、その”歩きタバコ”の多さが目につく。いたるところにタバコの吸い殻が放置され、ランドマークの一つ、マディソンスクエアガーデン前の植木鉢のなかは、さながら灰皿のようになっていた。同条例では違反者には50ドルの罰金が科せられるのだが、ほとんど形骸化しているということなのか……。

 ちなみに同様の方策はヨーロッパでも行われているそう。イギリスから来たある男性は、「ロンドンも吸える場所がなくなって、皆路上で吸っている。けど、ロンドンは寒いから路上喫煙が辛い。おかげでやめる人が増えすぎて、逆に税収が悪くなってるよ」と話す。

タバコ,アメリカ

この売店で一番安かったタバコ。買うとサービスにマッチを渡す店が多い

 話は冒頭に戻り、あまりの高額さにげんなりした記者は、「一番安いタバコを教えてくれ」と店員に聞いてみた。すると「これなら5ドルだよ」と差し出されたのは「Cheyenne」という銘柄だった。試しに吸ってみると……「マ、マズイ。やけにフィルターが硬く、辛い」(あくまで記者の主観です)。そんな様子を見た店員が言う。

「ハハハ、だろう。だからあんまり吸う人はいないんだよ。皆、高いけどガマンしてマルボロとか買うんだ」

 そんなニューヨーカーたちの姿に、どこか日本の将来の姿を見た気がした記者だった。 <取材・文・撮影/秋山純一郎>

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中