1箱1000円の世界! ニューヨークのタバコ事情

タバコ,アメリカ

ニューヨークの中心部にある販売店。タバコ以外に葉巻なども扱う

 アメリカ・ニューヨークのとある街角。雑貨屋に入り、店員にお奨めのタバコを聞いてみた。すると、「一番、人気があるのはコレだね」と差し出されたのは、日本でもなじみの深いマルボロ。だが、その価格にビックリした。

「1箱14ドルだよ」

 じゅ、じゅうよんドル!? 日本円に換算すれば、おおよそ1120円(1ドル=80円)にもなる。ちなみに、日本でのマルボロ1箱の価格は440円だ。日本では’10年10月から、タバコ増税に伴い価格が1箱で約100円上がったが、ことニューヨークに比べれば、その値段はまだはるかに安い水準なのである。さらなる値上げも議論されるなか、「1箱1000円までは吸い続ける」などと思っていた喫煙者もいるかと思うが、ニューヨークでは”リアル1000円”の世界が広がっていた。

「実際、ニューヨークでもやめる人がドンドン増えていますよ」と話すのは、ニューヨーク在住の日本人カメラマンだ。

タバコ,アメリカ

売店に並ぶ銘柄はほぼ11ドル以上の高額

「ニューヨークでは毎年のように、増税によってタバコ価格が上がっているんです。最近では’10年に州税が上がって、今では1箱あたり4.35ドルの税金がかるんです。ちなみに、消費税も8%かかります」

 それに伴い、メーカーも値上げを繰り返し、今では店頭で売られているタバコのほとんどの銘柄が11ドルを超えているのだそう。

◆公共の場で吸える場所は皆無。その結果……

 また、日本と同様、いや、むしろそれ以上にニューヨークではタバコを吸える場所がない。ニューヨークでは、’11年5月から市議会による公共の場での禁煙を義務付ける条例が施行された。その結果、レストランやファストフード店や公園はおろか、バーやライブハウスでもほぼ全面禁煙。最近では、「全室喫煙のホテルやアパートメントも増えている」(前出の日本人カメラマン)という。

 では、追い詰められたスモーカーは自宅でこっそり吸っているのか……といえばそうでもない。堂々と路上喫煙をしまくっているのだ。街中を歩くと、その”歩きタバコ”の多さが目につく。いたるところにタバコの吸い殻が放置され、ランドマークの一つ、マディソンスクエアガーデン前の植木鉢のなかは、さながら灰皿のようになっていた。同条例では違反者には50ドルの罰金が科せられるのだが、ほとんど形骸化しているということなのか……。

 ちなみに同様の方策はヨーロッパでも行われているそう。イギリスから来たある男性は、「ロンドンも吸える場所がなくなって、皆路上で吸っている。けど、ロンドンは寒いから路上喫煙が辛い。おかげでやめる人が増えすぎて、逆に税収が悪くなってるよ」と話す。

タバコ,アメリカ

この売店で一番安かったタバコ。買うとサービスにマッチを渡す店が多い

 話は冒頭に戻り、あまりの高額さにげんなりした記者は、「一番安いタバコを教えてくれ」と店員に聞いてみた。すると「これなら5ドルだよ」と差し出されたのは「Cheyenne」という銘柄だった。試しに吸ってみると……「マ、マズイ。やけにフィルターが硬く、辛い」(あくまで記者の主観です)。そんな様子を見た店員が言う。

「ハハハ、だろう。だからあんまり吸う人はいないんだよ。皆、高いけどガマンしてマルボロとか買うんだ」

 そんなニューヨーカーたちの姿に、どこか日本の将来の姿を見た気がした記者だった。 <取材・文・撮影/秋山純一郎>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中