フェラーリを愛する男たちが選ぶ[大乗フェラーリ教総選挙]

今や国民的一大行事となったAKB48の選抜総選挙の裏で、秘かに開かれていたのが大乗フェラーリ教総選挙。サッカー・本田圭佑選手のド派手なパフォーマンスで、一躍庶民からの注目度が高まったフェラーリを愛する男たちが選んだ、スーパーアイドル・フェラーリがこれだ!

MJブロンディ=文
Text by Shimizu Souichi

ワタクシが主宰する“大乗フェラーリ教”なる宗教(庶民もフェラーリを買ってシアワセになろうという教義)では、AKB48選抜総選挙に対抗して、「大乗フェラーリ教総選挙」を実施し、好きなクルマを投票してもらいました。

フェラーリはクルマにおける問答無用の地上最高鋒、手の届かない最強のスター。その象徴が2位になったF40です。新車時は4500万円だったが、現在、雲の上まで値上がりしている。

 一方フェラーリには、中古なら庶民でも手の届くモデルも多い。日本でなら、堂々とローンで買うこともできる。つまり、背伸びすればゲットできる地上の夢でもある。

 庶民派フェラーリの人気ナンバーワンが、1位に輝いたF355だ。小ぶりで超スタンダードでありながら、火を噴きF1サウンドを奏でる姿は、あまりにも神々しい。本田選手みたいに成り上がらなくても、定期収入があれば問題なくローンで買える。故障したら眺めてりゃいい。

大乗フェラーリ教総選挙結果発表!!


1位 フェラーリF355 700万~1100万円

「買えるかもしれない最高のモデル」として、庶民系フェラーリファンに絶対的な人気を誇る。価格はこなれているが、そのサウンドは他のどんなフェラーリをも凌ぐ破滅的な快音。火を噴く姿は悪魔的に美しい

フェラーリF355

2位 フェラーリF40 4000万~7000万円

地上で最も手強い操縦性を持ち、F1ドライバーですら雨の日には乗らない“赤き狂獣”。あまりにも危険なためクラッシュ全損が相次ぎ、台数が減少、価格はじわじわ上昇
フェラーリF40

3位 ランボルギーニ・カウンタック 1250万~6000万円

大乗フェラーリ教でも3位に入ってしまう、スーパーカーの王様。とにかくこのデザインがすべて。乗るとかなりメチャクチャで笑いが止まらない。これも価格は上昇中
ランボルギーニ・カウンタック

4位 フェラーリ360 700万~1350万円

F355に次ぐ、庶民派ファンのアイドル。その現代的なフォルムは、パッと見ヒルズ族の香りもするが、お値段はかなり手頃
フェラーリ360

5位 フェラーリ458 2830万円(新車価格)

本田選手も乗ってたフェラーリの現行モデル。そのフォルム、その走り、すべてが異次元の桃源郷。早く値下がりしてほしい
フェラーリ458

6位 フェラーリ288GTO 不明:5000万~8000万円?
モダン・フェラーリ最初のスペシャルモデル。最も美しく、最も希少

フェラーリ288GTO

7位 フェラーリ328 450万~880万円
ピッコロ(小型)フェラーリの大傑作。永遠の美少女的に人気も不動

フェラーリ328

8位 フェラーリ348 400万~800万円
最も買いやすいフェラーリ。お値段激安だがエンジンは官能のカタマリ

フェラーリ348

9位 フェラーリ512TR 750万~1250万円
テスタロッサの進化版。ミッドシップ12気筒が炸裂する

フェラーリ512TR

10位 フェラーリBB 1150万~1700万円
スーパーカーブーム当時、カウンタックと最高速を争った名車

フェラーリBB

大乗フェラーリ教総選挙結果
写真/池之平昌信

◆オススメ書籍
貧乏人はフェラーリを買へ!
「フェラーリであればすべて善し!」

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中