ギャルも坊主もアゲアゲ↑になる盆踊りを見逃すな!

110709-總持寺

鶴見駅西口から徒歩1分。広大な敷地の立派なお寺だ


 神奈川県横浜市鶴見にある總持寺といえば、曹洞宗の大本山として知られる立派なお寺。故石原裕次郎氏のお墓があることでも有名だ。

 しかしその總持寺、この季節にはまたちょっと違ったことで話題になるのである。

 それは今年は7月中旬に、同寺境内でで行われる「み霊祭り」にある。み霊祭りとは、いわゆる「盆踊り大会」なのだが、ここのそれはちょっと……いや、かなり違う。

やぐら

取材当日、もう盆踊り用のやぐらが立っていた

ポスター

今年のみ霊祭りポスター



 地元出身の元ギャルは言う。

 「高校生くらいまでは鉄板で毎年行ってた。なにしろここの盆踊りは超盛り上がるんすよ。まずライティングなんですけど、あたしはここの盆踊りが子供の頃から普通だったからみんなそうかと思ってたんだけど、クラブみたいにレーザーばりに色とりどりのライティングで超派手なんす。あとスモークマシンとかもあるし、サウンドシステムもかなりデカイっす」

 ライティング? スモークマシン? サウンドシステム??? いったいどんな盆踊りなのか?

 「超盛り上がるアンセムになってるのは”一休さん”。盛り上がってくると3曲に一回の割合で一休さんが入るし、最終日の最後のほうなんか”アンコール!”の合唱でぶっ続けで一休さんなんてこともありますよ。で、若い坊主がステージ上から観客をロックするんですよ。これも中には坊主界のZEEBRAさんみたいな、MC的に上手な坊主だともうかなりヤバいっす

 もうまったく意味がわからない……という人のために、その「超ヤバい」盆踊りがこれだ!

◆「ラップソロ~総持寺盆踊り大会2007~」(http://youtu.be/ZlhbeYrIMWA)



◆「2010/7/19 総持寺 盆踊り大会 一休さんで大盛り上がり」(http://youtu.be/ZnukP_oWAcs)



◆「2010夏 一休 ラストライブ」(http://youtu.be/vicLYXnUYZE)



◆「Rock’n一休さん!~総持寺盆踊り大会~」(http://youtu.be/2KamS5CnYZY)



(※ 上の動画は一般の方々が撮影された動画です)


 それにしても、一休さんといえば臨済宗のお坊さんで、曹洞宗ではないのだが……。
 当の總持寺に電話をしてみたが「特にそうした文献を残していないので、なぜ一休さんなのか、いつごろ盆踊りで流すようになったのかなどはわかる人がいない」とのこと。

 話を聞いた地元の元ギャルは子供の頃から流れていたというので、二十年近く前から定番だったと思われる。

 地元に根づき、こんなにも愛され、盛り上がる盆踊り。
 今年は7月17~19日までの3日間開催される。

 今年の夏は“一休さん”でロックされに行ってみるのも一興だ。


取材・文/祭り評論家・太平洋秀三


◆関連DVD
一休さん~母上さまシリーズ~第1巻
全296話の中から、母上さまとのエピソードばかりを集めたシリーズ


20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中