あっちゃんが免許を取ったら、最新のポルシェを薦めたい!

世界でポルシェとスバルしか生産していない水平対向エンジン。価格の開きは5倍もあれど共通点もあることから、スバル車とともにポルシェもこよなく愛する下流自動車評論家のマリオ高野(ともちん推し)が、ただいま運転免許取得中のあっちゃんに向けて、最新のスポーツカーの素晴らしさを勝手に説きました!

マリオ高野=文 Text by Mario Takano
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

ポルシェ,スバル 新しくなったポルシェ911と、ハイブリッドカーじゃないのに納車まで半年待ちの人気スポーツカー、スバルBRZを乗り比べて、どっちがイイのか判定させていただく機会に恵まれました。ポルシェとスバルが大好きな自分にとっては、AKBの好きなメンバー2人とデートし比べるようなもので、クルマがらみの夢としては究極です。AKBといえばもうすぐ卒業してしまう、あっちゃんこと前田敦子さんは現在、運転免許を取るため教習所に通っておられますが、ゼヒこの記事を愛車選びの参考にしてください。

 まずは燃費対決。新しいポルシェ911はアイドリングストップなどエコカー並みの血の滲むような燃費対策を施しております。高速巡航燃費を良くするため、マニュアルミッションは乗用車としては初の7速を採用。時速70~80kmで巡航するとリッター16kmを記録しました。燃費のことは気にせず、もう少し速く走っても2ケタは余裕でキープできたので、350馬力もある排気量3.4リッターのエンジンとしては世界最高の燃費です。

 対するスバルBRZは排気量2リッターで200馬力。試乗車のミッションはオートマとはいえ、燃費では勝って当たり前ですが、リッター23kmも記録して驚きました。これはプリウスの実燃費とあまり変わらない数字で、2台ともこんなに燃費が良いのに、エコカー減税対象車ではないのが残念!

 ところであっちゃんは、スポーツカーは燃費が悪いと思ってたりしませんか?

 空気抵抗を減らしたり、エンジンの効率を良くしたりするなど、速く走るための工夫は燃費を良くすることにもつながるので、良いスポーツカーは、実は燃費もすごく良いのですよ。ともちんにも教えてあげてくださいね。

【後編】に続く⇒http://nikkan-spa.jp/255893

― 世界中が認めるポルシェとスバルはあっちゃんに最適!【1】 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中