早期発見困難な『すい臓ガン』の予兆とは?

仕事もプライベートも何かと忙しい30代。しかし、「忙いから」と健康を疎かにしていると、気がついたときには「すでに時遅し」となりかねない病気にかかってしまうことも。日常生活で見過ごしがちな“体の異変”を察知できるかが大事になるのだ。各分野の専門医の警告と、体が発する“サイン”に耳を傾けるべし!

◆お腹に違和感がある、背中が痛い、何だか気持ちが悪い ⇒ すい臓ガンの可能性

すい臓ガン,早期発見 ガンの中でも治療が最も難しいと言われるすい臓ガン。原因は、初期症状がほとんどなく早期発見が極めて困難で、進行が早いことにある。

「初期症状は『お腹に違和感がある』『背中が痛い』『何だか気持ちが悪い』といった程度。忙しい日々の中では、気にも留めない人がほとんどでしょう」(東京医科歯科大学の西多医師)

 そのため、ひどい腹痛や体重の減少といった明らかな不調が表れ始めた頃には既にガンが進行していたり、ほかの臓器へ転移しており、手術ができない状態になってしまっている場合が多いという。

「また、すい臓は胃と背骨の中間あたりという体の奥深くに位置しているため、CTやMRIなどの画像検査でも初期の段階では非常に発見しにくいという問題があります。実際、内科の検査では異常がなく、『お腹の違和感が続くのはうつ病のせいでは?』と精神科に回された患者さんが、実はすい臓ガンだったケースもあります。精神科の治療でも改善が見られず、定期的に検査を重ねた結果、やっと発見されたんですね」(同)

 少しでも早い発見のため、些細な予兆も見逃さないようにしたい。

【西多昌規医師】
東京医科歯科大学。精神科医・医学博士。東京医科歯科大学を卒業後、ハーバード・メディカル・スクール精神科研究員を経て、現職。近著に『「器が小さい人」にならないための50の行動』(草思社)

― 30代[死に至る病]の微妙な兆候【10】 ―

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中