早期発見困難な『すい臓ガン』の予兆とは?

仕事もプライベートも何かと忙しい30代。しかし、「忙いから」と健康を疎かにしていると、気がついたときには「すでに時遅し」となりかねない病気にかかってしまうことも。日常生活で見過ごしがちな“体の異変”を察知できるかが大事になるのだ。各分野の専門医の警告と、体が発する“サイン”に耳を傾けるべし!

◆お腹に違和感がある、背中が痛い、何だか気持ちが悪い ⇒ すい臓ガンの可能性

すい臓ガン,早期発見 ガンの中でも治療が最も難しいと言われるすい臓ガン。原因は、初期症状がほとんどなく早期発見が極めて困難で、進行が早いことにある。

「初期症状は『お腹に違和感がある』『背中が痛い』『何だか気持ちが悪い』といった程度。忙しい日々の中では、気にも留めない人がほとんどでしょう」(東京医科歯科大学の西多医師)

 そのため、ひどい腹痛や体重の減少といった明らかな不調が表れ始めた頃には既にガンが進行していたり、ほかの臓器へ転移しており、手術ができない状態になってしまっている場合が多いという。

「また、すい臓は胃と背骨の中間あたりという体の奥深くに位置しているため、CTやMRIなどの画像検査でも初期の段階では非常に発見しにくいという問題があります。実際、内科の検査では異常がなく、『お腹の違和感が続くのはうつ病のせいでは?』と精神科に回された患者さんが、実はすい臓ガンだったケースもあります。精神科の治療でも改善が見られず、定期的に検査を重ねた結果、やっと発見されたんですね」(同)

 少しでも早い発見のため、些細な予兆も見逃さないようにしたい。

【西多昌規医師】
東京医科歯科大学。精神科医・医学博士。東京医科歯科大学を卒業後、ハーバード・メディカル・スクール精神科研究員を経て、現職。近著に『「器が小さい人」にならないための50の行動』(草思社)

― 30代[死に至る病]の微妙な兆候【10】 ―

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中