完全に犯罪行為!現役中高生が語る「イジメ」の惨状

 大津イジメ自殺事件の真相が明るみになるにつれ、あまりにも酷すぎるイジメ行為に心を痛めている人も多いはずだ。だが、これら学校内で横行しているイジメは氷山の一角にすぎない。裏では、もっと激悪な行為が行われている。そこで、SPA!取材班は現役中高生を直撃。その声を拾ってみた。

教室内で何気なく行われる“イジリ”。それが“イジメ”に発展する

「これって、イジメになるんですか? 全然意識したことはありませんね」

 飄々とした面持ちで、取材に応じてくれたのは都立高校に通う3年生のSくん。彼自身も加担する学校で起きている事例を「イジメじゃない」と言いつつ、こう話す。

「そいつを女子の前でオナニーさせて、携帯で動画撮るとかは基本ですね。嫌がっているのかよくわかんないヤツなので、『どこまでやったら嫌がるのか』とか試しているだけ。イジメじゃない。だから、人柱系はよくやる。女子トイレの生理用品を食わせるとか、新しく手に入れた合法ハーブを吸わせるとか。タバコ1箱を連続で吸わせたこともありましたね。そいつで、実際に死なないかどうかテストしているんですよ」

 本当に死んでしまったらどうするつもりなのか。Sくんは、こうした行為をゲーム感覚で楽しんでいるという。

「ウチの高校では、柔道部の3年男子がある1年男子を喉輪締めでオトして(気絶させて)いろんな場所に置いてきぼりにするという遊びが流行っていますよ。女子のトイレや更衣室のロッカーの中とか、女子もその1年男子がいても『ああ、またかよ』って感じですね。でも、さすがにホームレスのテントの中とかに置いてきたと聞いたときは『少しやりすぎじゃない?』とは思った。そいつ何度もやられてオチるのが癖になったのか、今ではすぐオチるようになっちゃいましたよ」(私立高校1年・Uくん)

 彼の高校では、この「置き去り遊び」が女子生徒の間にも波及している。

「女子グループは腕力でオトすことができないから、睡眠薬を使うんです。カラオケボックスの中で睡眠薬を飲ませて、そのコ一人だけを置いて帰っちゃう。翌日『酷いじゃ~ん!』とか言って、そのコは登校してきた」(同)

 ちなみに、カラオケ代はきちんと置いて帰ったみたいだが、そういう問題ではない。

 また、公立高校3年のOくんも、「ゲームですから」と強調し、鮮烈なエピソードを話す。

「「ほかのイジられている男子と2人で69をヤラされるんです。しかも、先にイッたほうがもう1人にケツを掘られるというゲーム付きでね。あとは、朝のHR前にそいつを縛って部室に監禁したこともあったな。放課後、部室に様子を見に行ったら、小便漏らしていたんですよ。また別の日には給食に下剤を混入されちゃって、5時間目の授業中にウンコを漏らした。臭くて近づけず、誰も机と椅子を片付けようとしませんでしたね。結局、あいつ転校しちゃったけど、今頃どこで何をしてんだろうなあ」

 加害生徒、傍観生徒の話すノリは一応に軽い。だが、被害生徒にとっては、トラウマになりそうな残酷な行為ばかりだ。

 本誌7/31発売号「陰惨過ぎるイジメの実態に戦慄」では、中学生どころか高校生までもが無邪気に語る、恐ろしいイジメの実態に肉迫している。

 イジメは完全に犯罪行為だ! <取材・文/SPA!ド底辺学校取材班>

週刊SPA!8/7号(7/31発売)

表紙の人/篠崎愛

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中