美人CA出没率、パンチラ遭遇率が高い路線の意外なワケ

近年の不況やライフスタイルの変化で格差が生じ、路線ごとの特徴が浮き彫りになっている。今回、首都圏沿線に実際に乗って得た情報と沿線住民の体験談や目撃談をもとに、路線ごとの乗客の生態を徹底調査した

【女のコ編】
美人CA出没率、パンチラ遭遇率が高い路線の意外なワケ


101207_BK3_05.jpg
今年1月に破綻したJALをはじめ、各航空会社に不況の波が押し寄せ、タクシー通勤ができなくなったCAが多く乗り込んでくる路線があるという。

成田空港と羽田空港行きのリムジンバスが地下鉄半蔵門線の水天宮前駅から出ています。おかげで、早朝の半蔵門線はCAの宝庫ですよ。キャリーケースを引く美人CAが額に汗して駆け込むレア光景を拝め、朝からやる気に火がつきます」(34歳・証券)

 また、JR成田線もCAと遭遇しやすい路線だが、「スッピンで乗ってきてベースから化粧をし始めたり、おにぎりを頰張り始めたり、残念な姿を見かけることが多い」(29歳・飲食)とのこと。

 否が応でも、あらぬ妄想を掻き立ててくれる電車がある。それは、金曜夜の新宿発、箱根方面行きの小田急ロマンスカーだ。

40~50代のスーツ姿の男性と、20~30代半ばのOL風女性のカップルが本当に多い。あれ、確実に不倫でしょ。車内の不倫率85%って感じ」(27歳・金融)

 なかには、「20歳そこそこの女のコと40代前半くらいの男が寄り添って眠る、まるで名作ドラマ
『高校教師』のラストシーンのようなカップルを見たことがある。死んでないか不安になった」(36歳・製薬)なんてドラマチックすぎるカップルを目撃した人も。しかも、

「ロマンスカーの不倫カップルの女性は妙に色っぽい人が多い」(同)というから堪らない! それにしても”ロマンス”カーとは、うまく言ったものである。

 そして、鉄道オタクから仕入れた”貴重”な情報を。

「最近はスプリング抜きの硬いシートが増えていますが、地下鉄千代田線を走る203系などでは、今もスプリング入りのフワッとした椅子が使われています。これだとお尻が沈み、膝が高くなりがちなので、パンチラ遭遇率が高いんですよ」(32歳・生命保険)

 女のコの股間に目がいって、本当にヤバいかも!?

路線によって、乗客の美人度は大きく異なる!

「小ギレイなOLとの遭遇率が高いのは、地下鉄丸ノ内線の霞ヶ関~銀座区間。高めのヒールから伸びるおみ足や、吊り革を掴むキラキラのネイルが施された手は目の保養になる」(33歳・銀行)

銀座と新橋を通る地下鉄銀座線や、銀座と六本木を通る地下鉄日比谷線では、合コン帰りの艶やか表情をしたOLや、タクシーが使えない水商売のコが多く乗ってくる。一生、この路線を使いたい」(33歳・マスコミ)

 また、やや独自の嗜好に応えてくれるのが、以下の路線だ。

「池袋に東京音大、江古田に武蔵野音大があり、西武池袋線の池袋~江古田区間は音大生が目立つ。よく見たら美人じゃなくても、清純派の”雰囲気美人”が多いので、車内が浄化される感じがイイ!」(36歳・メーカー)、「ライブハウスの多いJR中央線沿線は、男ウケを無視した個性派ファッションの女のコが多い。そのくせ、OLではあり得ないほど露出度が高かったりするので、逆に萌える」(28歳・商社)。同じく中央線女子は「ノーブラ率が高い」との報告も! 沿線特有の美人を探すのが通勤の楽しみになりそうだ。

イラスト/サダ

― 沿線別[電車内のヤバい人間]図鑑【1】 ―

「仕事の“スイッチ”を入れろ!」WORLD ORDER須藤元気が教える「リアルゴールド ワークス」の活用法【PR】

-shared-img-thumb-SAYA160312140I9A3606_TP_V3
 昨今、コンビニやスーパーに行くと、エネルギードリンクをはじめとして、栄養ドリンク、機能性飲料など、働く男をサポートするさまざまなドリンクを目にする。…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中