“やくざ監督” 野々村直道の提言「いじめっ子はぶん殴れ」

野々村直道 手も出れば足も出る。纏った服は極道風。発言内容は過激ながらも一本筋を通す。“本職”のオーラすら漂わせながらも、高校球児たちを指導させれば春夏合わせて10回の甲子園という偉業を成し遂げる。山陰のピカソ、そしてやくざ監督と呼ばれた名物監督が、今春ユニフォームを脱いだ。その人物は‘10年春の甲子園で21世紀枠の高校に敗れ、「腹を切りたい」「21世紀枠に負けたのは末代までの恥です」の発言で物議を醸した野々村直道、その人である。

 現在は教育評論家というグランドで大暴れする彼は、全国的な問題となっているいじめについて「はっきり言って、すべて現場の教師が悪い」と一刀両断する。

「教師というのは毎朝生徒の顔を見るわけだ。だから生徒の顔色を見たら、こいつ、なんか悩みがあるなとわからないかん。そしておかしいと思ったら呼び出して、いじめたヤツも呼んで、『なにがあったんじゃ』とやらにゃいかん。それが担任ですよ。それを早めにやったら大津のようなことには絶対にならない」

 大津の事件では、今秋をめどに立件されるかどうかの判断が下る。教育の現場に警察が介入せざるを得ない現状についてはどのようにとらえているのだろうか?

「学校のね、しかも生徒間のことを警察が介入して調べるというのは、はっきり言えば教育の敗北です。でも、この大津の事件をきっかけに、今まで隠れていた酷いことが事件となって、警察がドンドン入っていくというのは、世の中の目を覚ますためにも一つの“脅し”としていいと思います。だけど、警察の介入を許してしまった現場の教師は情けない。やはり教育は独立した現場じゃなきゃいけない。『警察なんて呼んだら恥じゃ!』と、本当なら警察を呼ばにゃならんような現場にも僕は出て行きおったけどね。そりゃこんなことは誰にでもできることじゃないのはわかっとる。でも、担任なら、いじめに気付くことはできたはずやと」

 野々村氏の著書『やくざ監督と呼ばれて』には、「いじめっ子はぶん殴れ」と書かれている。だが、そうなると、教師による体罰として問題視されそうだが……。

「最終的には、体罰にしても本気かどうかなんです。だからいじめっ子は本気でぶん殴る。本気だったら、子供たちはわかるんです。優しさも力であれば、拳も力。本気というのは生徒に対する優しさでもあるんですよ」

次ページ体罰と暴力の境目

週刊SPA!9/4号(8/28発売)

表紙の人/西内まりや

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中