全米で議論沸騰!【R・クレメンス50歳で現役復帰】の舞台裏

R・クレメンス

「ニュース速報」としてR・クレメンスの入団を伝えるスキーターズの公式HP

 1980年から2000年中盤まで、メジャーを代表する剛腕投手だったロジャー・クレメンス(50)が、昨日5年ぶりの現役復帰を果たした。

 その舞台は、数あるアメリカ独立リーグの中でも、メジャー経験者が数多く活躍しているアトランティック・リーグの「シュガーランド・スキーターズ」。この挑戦には「熱いぜ、50オヤジ!」「我らのヒーロー!」などクレメンスへの声援が聞こえる半面、同じくらい(いや、それ以上?)の「ステロイド・ボーイズ」「インチキ男!」といったバッシングが挙がっている。

 2004年オフには、エージェント(代理人)と共に自ら来日し、球界再編騒動のなか参入を目指していた「仙台ライブドア・フェニックス」と極秘裏に交渉を行い、新球団誕生の暁には新チームの開幕投手を務める仰天プランも企てていたロジャー・クレメンス。一体どんな男なのだろうか。

◆息子にビーンボール。恐るべき”投手としての本能”

 投手としてメジャー通算354勝。ワールドシリーズ制覇2度を含め、あらゆるタイトルを総なめにしたクレメンスの最も強い武器は“投手としての本能”と言われている。

 調整を兼ねた春のトレーニング中、マイナーリーガーの息子にホームランをかっ飛ばされると、次の打席では息子相手にビーンボールを投げた(目撃者多数あり)武勇伝や、別の息子が登板した試合ではバックネット裏から観戦中、審判の判定に激高して観客席のクレメンスが退場を喰らった実話(こちらも証言者多数)など、彼の“投手としての本能”にまつわるエピソードは際限ない。

 そんなクレメンスが今、最も強く欲しているのが「野球殿堂入り(Hall of Fame:以下HOF)」と言われている。

 HOFに入るためのゴールデンルートは、現役引退から5年以上を経過した選手を対象とした、全米野球記者協会の記者投票で特定数の獲得が最も一般的だ。現時点でのクレメンスのメジャー引退年は2007年、つまり来年2013年は、クレメンスの現役引退から5年の該当年なのだ。

 さらに来年は、通算本塁打歴代1位(762本)のバリー・ボンズ、609本塁打のサミー・ソーサら「ドーピング疑惑者」らが揃って投票対象となる「薬物投票のビックイヤー」であり、現時点ではクレメンスを含めた3人全員が落選する公算が極めて高い、という評判だ。

 しかし「もし」、クレメンスがメジャー復帰を果たせば、それは「殿堂入りへの時間稼ぎ」という大きな利点となる。独立リーグとは言え、自分の息子と同世代の若きアスリートを相手にある程度の投球を見せることが出来れば、彼の故郷であり、現在メジャー最低勝率のヒューストン・アストロズが、シーズン終盤の客寄せパンダとしてクレメンスと契約するのでは? という憶測もある。事実、球団オーナーのジム・クレイン氏も「(交渉の扉は)空いている」と、このニュースを否定していない。

 仮にクレメンスがメジャーに復帰するとなれば、彼の現役最終年は2012年となり、HOFの投票年次は2018年まで先送りされることとなる。この5年間の先送りが、大変重要な意味を持つこととなる。クレメンスの現役復帰の舞台裏では、HOF入りへの時計を遅らせる行為か? というストーリーが見え隠れしている。これがアメリカ球界で今、大きなウワサとなっているのだ。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/279485

<取材・文/NANO編集部
海外サッカーやメジャーリーグのみならず、自転車やテニス、はたまたマラソン大会まで、国内外のスポーツマーケティングに幅広く精通しているクリエイティブ集団。「日刊SPA!」ではメジャー(MLB)・プロ野球(NPB)に関するコラム・速報記事を担当。

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中