日産、ホンダetc.開発中の超小型自動車現状リポート

6月に国土交通省が発表した、環境対応車の普及による低炭素まちづくりの実現に向けたガイドライン。ここで注目すべきは、「自動車よりコンパクトで取り回しがしやすく、環境性能に優れた1~2人乗り」というパーソナルモビリティの定義が示されたことだ。そしてこの秋、ついに初の市販車「コムス」がお目見えする!

西村直人=文 Text by Nishimura Naoto

◆価格、乗り心地etc.近未来の主役超小型車の実用性はどんなもの?【後編】

⇒【前編】はコチラ「市販される超小型自動車の実用度は?」
http://nikkan-spa.jp/279045


 EV販売実績でリードする日産は「日産ニューモビリティコンセプト」を展開中。こちらはバイクのように前後に座る2人乗りのEVで、すでにルノーが欧州で販売している「RENAULT TWIZY」と構成部品の99.9%が同じだ。

 日本での発売は未定ながら検討テストはけっこう盛んで、4台が狭路や坂が多い淡路島で高齢者に運転してもらいデータを収集中。同じく狭路や坂の多い神奈川県横浜地域では、防犯パトロールカーとして頭上に青いパトライトをつけた1台が活躍中だ。日産自動車の柳下謙一氏は「実証実験データをもとに日産独自のパーソナルモビリティを開拓したい」と語る。

 ちなみに、写真の車両が軽自動車規格のナンバーを装着しているのは、いずれも国土交通省による実証実験向けの特別措置なのであしからず。

【日産ニューモビリティコンセプト】
⇒日産ニューモビリティコンセプト【画像】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=279145

昨年11月、横浜市と日産自動車で共同開催した実証実験「ヨコハマモビリティプロジエクトゼロ」では、一般公募の被験者をドライバーに山手・元町エリアを走行してデータを収集した。ボディ全幅が1190mmと軽自動車よりも290mm狭く路地裏でも走りやすい一方で、ステアリングが車体中央にあるのでセンターラインに寄りやすい

 また、販売絶好調の軽自動車「N BOX+」同様に、流行りモノにひと手間加えて新種を生み出すのが得意なホンダは、その柔軟な発想力をパーソナルモビリティの分野で発揮。5月にお披露目された「ユニ・カブ」は、’09年に発表した一輪車のパーソナルモビリティ「U3-X」をベースに、ボディ後端に横方向へと動く補助輪を追加して、その場で360度回転できるようにした。

 本田技術研究所二輪R&Dセンターの末田健一氏は、「屋内の移動、例えば美術館や図書館、空港など、人が行き交うシーンに溶け込むパーソナルモビリティとして開発中」とユニ・カブが進むべき道を解説する。

 ホンダは、日本、アメリカ、中国でEVやプラグインハイブリッド車、電動バイクなどを使って公道でのパーソナルモビリティ実証実験で経験を重ねつつ、昨年の東京モーターショーでは1人乗りのパーソナルモビリティ「マイクロコミューターコンセプト」を発表しているが、公道を走る第1号モデルは、こちらになるかもしれない。

 このほかにもコンセプトカーながら、ダイハツ「ピコ」、スズキ「キュー・コンセプト」などが発表されるなど、少し先の未来に街中を走り回っているであろう、パーソナルモビリティの姿が見えてきた。

【ユニ・カブ(ホンダ)】
⇒ユニ・カブ【画像】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=279120

バイクのように、太ももでユニ・カブをギュッと挟んで曲がりたい方向を見ながら身体を少し傾けるだけで自由自在に操れる。乗馬に近い感覚だ。スマートフォンと通信しながらタッチパネル操作でも走る。写真左下の銀色ボディが先代の「U3-X」。補助輪があるので極端にふんぞり返らない限り転ばない。最高速度は時速6km/

【結論】
国土交通省のガイドラインでパーソナルモビリティの定義が示されたことに合わせて、初めてのパーソナルモビリティが市販化された。先は長いが、がんばれ! パーソナルモビリティ!

― 近未来の主役超小型車の実用性はどんなもの?【2】 ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中