OL&サラリーマンのゴミ屋敷が急増中!?

◆コミュニケーション不足の現代人はゴミ屋敷の危険性大

上東丙唆祥氏

上東丙唆祥氏

 ゴミ屋敷は昔から蔓延っていたが、それは体力のなくなった高齢者が抱える問題として取り上げられることが多かった。しかし、ここ数年、ごく普通の働き盛りのOLやサラリーマンの間でも急増中だ。シングル向けの物件をゴミ屋敷にしたまま夜逃げをする住人も増え、家主や不動産屋も頭を抱えている問題だという。

「もともとは、お年寄りの顧客が多かったのですが、ここ数年で若い層からの依頼が増えましたね」

 とは、遺品整理を中心に、掃除、不用品回収などの代行業務を請け負う「e品整理」の代表取締役・上東丙唆祥氏。いわゆるゴミ屋敷専門業者ではないにもかかわらず“ゴミ屋敷”と素直に告げずに依頼されることが多いとか。

「引っ越しや立ち入り検査などで、急に部屋を片付けなければならなくなった際に電話がかかってきます。現場に行ってみて『ああ、ゴミ屋敷物件だ』って初めて気づく場合がほとんどですね。依頼主も後ろめたい事実でしょうしね」

 彼らに何か特徴的なことはあるのだろうか?

「一見、まともな社会人が多いです。外で会ったとしても、ゴミ屋敷の住人だとは絶対に気づかれません。とはいえ、元気でハキハキしている人気者タイプの人ではありませんね。おとなしくて目立たない、会社では地味なタイプだと思います。とにかくコミュニケーションをとるのが苦手で、目を見て話せない人に多いと思います」

 いわゆる“コミュ障”であったり、引きこもりがちな人がそうだ。

「家族や遊びにくる友人がいたり、地域のコミュニティが機能していたら、まず誰かが手を差し伸べてくれます。ゴミ屋敷の増加は、個人を尊重するあまり孤立してしまい、お互いが助け合えなくなった結果だと思います。隣人の顔もわからないのが当たり前ですし。また、SNSなどバーチャルな世界で格好をつけるのを優先してしまい、現実生活でなすべきことを放任してしまっていることも原因ですね」

 確かに核家族化が進み、自宅に誰かを招くことは……減った。おかげで部屋はいつも汚い。

「ゴミ屋敷は身近な問題です。放置に放置を重ね、気がついたら部屋の中にドバトが巣を作ったりするレベルまで……。とても人が住める環境ではありません」

 では、その惨状をとくとご覧あれ。(※閲覧注意
⇒【画像】http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=284401

【上東丙唆祥氏】
「e品整理」代表取締役。不用品·遺品整理代行業界では初のチェーン展開を進める。お問い合わせは、70120-46-2464まで

― OL&サラリーマンのゴミ屋敷を拝見!【1】 ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中