大学ミスコン102人が集結! 好みのタイプを探せ<後編>

 9月1日、赤坂サカスにて開催された『ミス&ミスターコレクション2012』。102人のミス候補者のなかから、限られた時間のなかできらりと光る個性を見せた候補者を、取材班の独断でタイプ別に紹介する。モデル系からアイドル系まで、お気に入りのミス候補、大学を探してみてほしい。

⇒【前編】モデル系、お嬢さん系、お姉さん系

◆上京してきました系

 郷土の芸能や方言をアピールするなど、それぞれの”地元”をPRしてくれた4人。慶應の枡田さんが「半年前まで田植えをしていた」と話せば、青学の丸尾さんは熊本弁で11月のミスコンをPR。さらに愛媛出身の東京女子大鈴木さんは“利きポンジュース”を、横浜市立の掛さんは津軽三味線をそれぞれのミスコンで披露すると表明。進学で離れた地元の良さを、多くのお客さんの前でPR。郷土への最高の恩返しだ。

◆自己PR

 この日最も勇気ある自己PRをしたのは、埼玉大3年の小久保さんだ。大学と名前を名乗った直後に「ラップやりまーす」と宣言し、「まさかのサカスでラップかまーす! 小久保寛子と申しまーす!」と歌いだした。後半は「私の好きな食べ物はSay!ピーマン!(ピーマン!)なすび(なすび!)チョコレート!(チョコレート!)」と会場を煽り、大盛り上がり。

◆ 純朴アイドル系

 AKB48やももクロなど、親しみやすく手を伸ばせば届きそうなイメージのアイドルが人気の昨今だが、今回のコンテストにもまさにそのアイドル像にピタリと当てはまる候補者を数名発見した。中でも取材班の一押しは千葉大の島崎さん。少しアニメ声で、「今日は綺麗な人ばっかりで心のときめきが止まりません!こんな変な私なんですけど……ぇっと……」と、どこか危なっかしい自己PRが純朴な印象を与える。「こんな私ですけどここにいますっていうのを伝えたくて」と、自信なさげなコメントの中にも確かな意志を感じる。

◆ ミス候補者は女子アナ志向だけじゃない

 イベント終了後にもミス候補者の新たな一面を見た。会場近くの喫茶店で資料をまとめていると、偶然通りかかった慶應義塾大学ミス候補の小澤さん親子が気さくに手を振ってくれたのだ。”ミス○○大学”へのイメージがアップする取材班。しかし、「意外に親しみやすい感じだったぞ」ということを記事で伝えなければと思った矢先、見てしまった。ミス候補者の一人が、黒塗りの高級セダンでお出迎えされているところを。遠くからでは運転手が誰なのか確認できなかったが、あの高級車……。父親なのか彼氏なのか不明だが、親近感が湧いていたミスが急に遠い存在に思えてきた取材班であった……。 < 取材・文/福田悠 撮影/林健太 >

※ミス&ミスターコンテストの予定や候補者たちの詳しいプロフィールは、ポータルサイト『ミスコレ』、『ミスターコレ』に掲載されている。

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中