速さと燃費を競うエコカー対決でトヨタに大勝利

今年も、真夏の富士スピードウェイにて、プリウス、アクア、インサイトなど、合計56台のエコカーによって行われた 「エコカーカップ2012 2時間耐久レース」。昨年の大和(ド中古の初代プリウス)の優勝で味を占めたSPA!は、連覇を目指し今年はボコボコブー号(アクア)で参戦。世界で銅メダルのプリウス並みに大躍進いたしました【後編】

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

⇒【前編】「ハイブリッドカーが世界中でバカ売れ」の実情
http://nikkan-spa.jp/287897


 われわれ週刊SPA!チームは、昨年は不肖MJの愛車・大和(ド中古の初代プリウス)で参戦、見事クラス優勝(クラス参加1台のみ)、総合でも60台中30位という快挙を成し遂げたが、今年は一味違う。私が近所の東京トヨペット浜田山店で一番に購入した、最新鋭のハイブリッドカー・アクアがあるのだ! すでに奥さんが何度もぶつけてボコボコだが(愛称:ボコちゃん)、ボコボコのディンプル効果で、空気抵抗が減ってるかもしれない。優勝争いにからむのは間違いないだろう。

⇒昨年の「エコカーカップ」の模様はこちら http://nikkan-spa.jp/54640

アクア レース前、今年のレギュレーションを見て愕然。昨年より燃費が重視されている! うおお、ならば優先すべきは速さより燃費。燃費燃費燃費! のケチケチ走法だ。

 予選なんざどーでもいいのでビリから6番目。そこから得意のケチケチ走法で激走する。F1なら時速300kmを楽に超えるメインストレートでも、瞬間燃費がリッター10kmを割らないようにそーっとアクセルを踏み、最高速は100kmまで。まるで日本の高速道路みたい。

エコカーカップ

昨年の大和(ド中古の初代プリウス)と違い、ボコちゃん(アクア)のコーナリングはスバラシイの一言。まるでドイツ車に乗っているような安定感でした(D級ドライバー)

 ただしカーブは可能な限り速く曲がる。車体が軽くて重心が低いアクアは、コーナリングが大得意だ。昨年の初代プリウスは、コーナーのたびに引っ繰り返りそうだったが、アクアなら引っ繰り返らない。コーナーの遅いプリウスを、F1ばりにアウトからブチ抜いてやったぜガッハハハハ。

 結果、速さは52位のドン亀、燃費はケチケチで第5位、総合12位、アクアのノーマルクラス(2台のみ)では優勝の金メダル! ライバルのトヨタ自動車東日本(アクアを生産してる会社)のチームを撃破しました。おいおい大丈夫かよトヨタさん。俺たちに負けてて。

 そんな心配も多少ありますが、今後ハイブリッドカーは、日米以外でも牛歩で浸透していく可能性が高い。ハイブリッドカーが世界を制する時、我々週刊SPA!チームも世界を制するだろう。

エコカーカップ【結論】
我らがアクアの燃費はリッター約20kmでした。この燃費でできるだけ速く走るというのは実に頭を使う。もう速さを競うだけの単細胞なレースなんかやれん! というくらい奥が深い。ハイブリッドカーの運転は面白いヨ

― 速さと燃費を競うエコカー対決【2】 ―

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中