【脳内麻薬が出るゲーム】ベスト3

脱法ドラッグが社会問題化する現在、薬物を使わず、かつ手軽に「気持ちよくなる方法」を試した

◆そもそも脳内麻薬が出やすいゲーム。なかでもトリップ感が強いタイトルは?

 ゲーム中毒に陥った青少年の脳は、麻薬中毒者の脳の状態に似ているという研究結果が、’11年に精神医学専門誌に掲載された。14歳以下の少年少女、154人の脳を撮影して分析したところ、1週間に9時間以上ゲームを遊ぶ子供の脳は、左側の線条体が非常に大きくなっていたという。線条体は脳の中でも快楽に関係する部分で、麻薬中毒に陥ると肥大化することがわかっている。

ローリング内沢氏

ローリング内沢氏

 そこで、「ゲーム漬けの生活を送れば、麻薬中毒者のようにトリップできるはず!」という考えのもと、「オレも気持ちよくなりたい!」と、ライターKが実験してみることに。まずは、ゲームライターのローリング内沢氏にオススメのゲームを聞いた。

「イチオシは、シューティングゲームの『Rez』ですね。このゲームは光と音、振動がうまくリンクしていて、弾を撃って、敵を倒すと、そのときの音がBGMとリンクして心地いいんです」

 また、疾走感のあるレースゲームもトリップしやすいらしい。

「アドレナリンが出ているなと実感できたのが『ワイプアウト』。とにかくスピード感がすごいし、初期作品の曲はケミカル・ブラザーズらが担当し、テクノミュージック全開でかっこいいです」

 さらに、『虫姫さま』のように、画面全体が敵の弾で埋め尽くされる“弾幕系シューティングゲーム”も、「弾をギリギリで避ける爽快感からトリップしやすい」そうだ。

Rez

『Rez』の操作方法は非常にシンプル。操作性でストレスを感じずに遊べるのもうれしい

 これら3本の中から、今回は内沢氏が強く推薦した『Rez』をチョイス。プレイしてまず驚いたのが、映像と音の美しさ。10年以上前のタイトルと思えないほどスタイリッシュで、古臭さを感じない。ゲームの難易度もちょうどよく、サクサクとプレイできた。

 そして、大きな変化が訪れたのは、ある程度操作に慣れた5日目のこと。仕事終わりに始めてみたところ、疲れで余計な力が入らなかったのがよかったのか、ゲームにスーッと引き込まれていく感覚を体験。BGMが頭の中でリフレインされ、美しい光の効果もあいまって、恍惚状態になった。『Rez』、おそるべし!

<内沢氏オススメのトリップゲーム>

『Rez』
内沢氏は、「同じリズムを繰り返し聴くからトリップしやすい」とも。’01年にプレイステーション2とドリームキャストで発売。現在は、Xbox360で、ダウンロード版を購入することもできる

『ワイプアウト』
コースを駆け抜ける疾走感と、壁に当たらずに走り抜けられたときの陶酔感からトリップできる。なお、今年の1月、最新作『ワイプアウト 2048』が、プレイステーションヴィータで登場した

『虫姫さま』
一見回避不可能な攻撃を、1ドット単位で避けることで、トリップしていく。難易度は高いが、達成感はひとしおだ。最新作『虫姫さま ふたり ブラックレーベル』は、iPnoneで配信されている

【ローリング内沢氏】
ゲーム情報誌の編集を経て、フリーライターへ。ゲーム全般への造詣が深く、クラブミュージックの趣味が高じてDJとしても活躍中

― 1週間で最高にHAPPY!合法的に脳内麻薬を出す技術【6】 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中