iPhone5で再注目! もっと知りたいテザリング

テザリング au版iPhone5に続き、発売直前になってソフトバンク版も来年1月15日から対応を発表。再び注目を集めているのが「テザリング」だ。テザリングとは、スマホを無線LANルーターのように使い、そのデータ通信機能をほかのデジタルデバイスで利用できる機能のこと。スマホとデジタルデバイスとの接続は、Wi-Fi以外にBluetoothやUSBなどでも可能だが、主流はWi-Fi方式になっている。なぜならBluetoothやUSBによる接続では、同時に1台のデバイスでしかデータ通信を利用できないからだ。このテザリングを使えば、スマホをアクセスポイントにして、タブレット端末やゲーム機、ノートPCなどのWi-Fi対応機器をネットに接続できるので、便利なことは言うまでもない。

 iPhone5の場合、従来の3Gに加え、対応エリアでは高速通信が可能なLTEの電波を受信してネットにアクセスすることになるが、この受信した電波を Wi-Fi(2.4GHz) に変換して発信するという機能を備えているため、iPhone5から発信された電波を受信できるWi-Fi 対応機器であれば、同時に複数台ネットを利用できるようになるわけだ。

 テザリングは出張や旅行の際はもちろん、ちょっとした外出時にパソコンをネットにつなぎたいと思っているビジネスマンには重宝するはず。外出時のスキマ時間にノートPCで作成した企画書を、テザリング対応のスマホでネットにつないで送信できるのはうれしい。電車で移動中にスマホでメールをチェックし用件を確認。カフェなどに入りノートPCで作業をしたのち、テザリングでネットにつないで送る、なんてことが簡単にできるようになるのだ。

テザリング とはいえ、外出先でノートPCなどをネットにつなぎたいなら、「モバイルルーター」でいいのでは?と考える人もいるだろう。基本的な仕組みはテザリングもモバイルルーターも一緒だが、モバイルルーターはそれ専用に別途回線の契約が必要になり、月額数千円の利用料金もかかる。しかも手のひらサイズとはいえ、別途モバイルルーターを持ち歩かなくてはいけないので荷物が増えるのは避けられない。その点、テザリング機能があるスマホなら、契約している回線を増やす必要がなくスマホ1台でOK。しかもiPhone5なら、2年間テザリングは無料で利用できる(以降、月額利用料525円)。コストも持ち物もスッキリさせることができるのだ。

 このように便利なテザリングだが、iPhone5でいえば、1か月のデータ利用料が7GBを超えるとかかる制限が気になっている人もいるだろう。しかし、高画質な動画ばかりを視聴したり、大量のデジタルコンテンツをダウンロードしたりしない限り、この制限に到達することはないと言われている。会社や自宅など、ネット環境がある場所ではそれを使い、外出先などネット環境がない場所ではテザリングという使い方であれば、そもそも気にするレベルではない。また、この月間7GBという制限はあくまでも通信量の制限であり、仮に7GBに達しても、帯域制限はかかるが完全につながらなくなるわけではない。

 このテザリング機能、すでにドコモやauの一部Android端末では搭載しているものの、iPhoneが対応するのはau版iPhone5が国内初。国内におけるiPhone5の料金プラン発表時に、auが「発売日よりテザリング解禁」を発表したときから、ソフトバンク版との最大の違いとして話題になった。その反響の大きさやユーザーの声に対応を迫られる形で、発売直前になってソフトバンク・孫正義社長が自ら「やりましょう」と会見を開き、ソフトバンク版iPhone5も来年1月15日からテザリングに対応すると発表。さらに料金プランなど、au優位と語られていたポイントには、すべて追いついていくと宣言した。このように一歩も引かない戦いが続くなか、iPhone5は発売。両社の動向から今後も目が離せない。 <文/日刊SPA!取材班>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中