元カレと“おかわりH”経験のある女性の約半数が現役人妻だった!

元サヤ

SNSの進化が人妻の浮気に一役買ってるのは間違いない

 9/25発売の週刊SPA!「30~40代 急増する[元サヤ恋愛]の明と暗」特集では「この1年で元サヤ恋愛(肉体関係を含む)をしたことがある女性100人」にアンケートを敢行。すると、100人中48人が「人妻」であるという驚愕の事実が判明した。旦那たちが馬車馬のように働かされている隙に、人妻たちはどんなめくるめく“秘密のデート”を繰り広げているのか? 特集内では触れられなかった「人妻限定の浮気告白」をここに列挙していく。

「フェイスブックから突然の友達申請がきました。あまり深く考えずにオッケーしたらメールが。私は結婚して子供もいて、相手は婚約者がいました。付き合っていた当時のことはほとんど話さずに今の状況や子供のこと、旦那とうまくいっていないことなどを相談し、『俺はそうならないようにしなきゃなー』なんてメールを毎日していました。数日後、『見たい映画があるんだけど一緒に行かない?』とメールが。子供を母が見ていてくれたので久しぶりに映画館へ。映画館でキスされて、びっくりしたけど答えてしまって、そのままホテルへ。今も続いています」(31歳・専業主婦)

 背徳感溢れまくりなシネマ&セックス。子どもを母親に預けて、そんな淫らなことを……。

「22歳の頃に仲良くしていた男のコから久しぶりに会いたいとミクシィで連絡がきました。久しぶりの再会で楽しくデートした帰り道、こっそり耳元で『ホテル行かない?』と言われビックリして顔を見ると、恥ずかしそうに『お前とのセックスがエロすぎて忘れられない』『会ってなかった3年間、何度も思い出して一人で自慰した』と言われました。私としてはその男のコとエッチしたかどうかの事実さえも忘れていたくらいだったのですが、こんなセリフを言って貰えるとは女冥利に尽きる! その後は、再び頭から消えないようなセックスを目標に頑張らせて頂きました。それにしてもあれは『可愛い』『綺麗』なんかより何倍も嬉しいセリフでした」(28歳・専業主婦)

 お前とのセックスがエロすぎて忘れられない……。そんなセリフ、使っていいのはAVの世界だけかと思ってました。

「20代後半に付き合っていた人と15年後フェイスブックで見つけて再会。けんか別れしたわけでもなく、年齢も重ねて、好きだった人なので、そのままベッドイン。お互い大人なので、恋愛感情があればセックスは自然なことだと思います」(40歳・専業主婦)

 恋愛感情があればセックスは自然なこと、か……。いやいや、思いっきり旦那いますやん! 不倫の「不」は不自然の「不」でもありますやん!

「性欲を満たすためだけなので、気持ち的には恋愛感情はない。見知らぬ人とするよりは、いくらか安全と思っただけ。だから、恋愛という表現は適さない」(36歳・専業主婦)

 うんうん、要は欲求不満の人妻ってことですね! 欲求不満の人妻ってことで間違いないですね!?

 はぁ……。というわけで、世の人妻たちは白昼堂々と縦横無尽にエロすぎる想い出迷子を繰り広げていることが判明してしまった今回の企画。みなさん、奥方のフェイスブックやミクシィに元カレや元遊び仲間の名前があったら……、その時は、もはや手遅れかもしれません。<取材・文/ナカソネ>

週刊SPA!10/2号(9/25発売)

表紙の人/福山雅治

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中