世界から熱い注目を浴びる、日本の「おもてなし集団」

新幹線,掃除

『新幹線お掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか?』(遠藤功/あさ出版)

ホームに入ってくる新幹線に一礼している集団を見たことあるだろうか。フランスの国鉄総裁に「これをフランスに輸出してほしい」と言わしめた、日本が誇る「おもてなし集団」である。前米国カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルェネッガー氏や米国運輸長官ラフード氏も、日本を訪れた際にわざわざこの集団を視察している。今回ご紹介する『新幹線お掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか?』(遠藤功/あさ出版)は、そんな彼らにスポットを当てた一冊だ。

 この「おもてなし集団」とは、JR東日本グループ会社の鉄道整備株式会社、通称“テッセイ”の社員たち。停車している新幹線や駅構内を掃除する清掃員である。一見、地味な肩書きに聞こえるが、世界最速と言われる「魅せる清掃」で世界中から注目を集めている

 東京駅の東北・上越新幹線などの折り返し時間はわずか12分。乗降時間に5分かかるため、清掃にさける時間はたった7分間である。そんな限られた時間内に、座席下や物入れにあるゴミをかき集め、全てのテーブル・窓枠を拭き、トイレの清掃までもを完璧に終わらせる(トイレがどんなに汚れていたとしても彼らは任務を完遂する!)。列車ダイヤが乱れてもなんのその。機転を利かせた人員配置で見事に時間内に仕事を終わらせる。

 その早さと完璧さも圧巻であるが、彼らが世間から注目されている理由はそれだけでない。車両清掃チームは、列車が入線する3分前にホーム際に整列し、新幹線がホームに入ってくると深々とお辞儀をして迎えるのである。さらに、清掃を終えたチームは再度整列し、ホームで乗車待ちの客に「お待たせしました」と一礼する。この礼儀正しさと華麗な神業をして「7分間の新幹線劇場」と言われている

新幹線 本書はそんな「新幹線劇場」の主役である清掃員(別名「お掃除の天使たち」)と彼・彼女らを支える経営陣に焦点をあてる。

第一部ではお掃除 の天使たちが経験した心温まるストーリーを紹介。「お掃除のおばさん」をしていることが恥ずかしく親類に清掃会社で働いていることを隠していた女性が仕事にプライドを抱いていくストーリーや、東日本大震災直後に無惨なほど汚れた車両をお掃除の天使たちが手分けして奇麗にしていくストーリーなど、読み進めているとほっこりした気分になったり、目頭が熱くなったりする。

第二部では、会社の経営陣たちが如何にして「最強のチーム」を作っていったかを早稲田大学ビジネススクール教授の著者が分析しており、ここが本書の醍醐味である。7年前、テッセイは普通の清掃会社にすぎなかった。バリバリ高学歴の職員が多くいるわけではなく、従属的な関係のなかで与えられた 仕事だけを淡々とこなす、いわゆる下請け会社。そんな会社を現専務取締役である矢部輝夫氏らが変革していく過程が紹介されている。

 本書はいわゆる経営本では全くない。しかし紹介されているテッセイの取り組みを通じて、現場力の強化・組織の変革には何が必要なのかという 組織論、ブランド力強化・顧客満足度向上をいかに実現していくかというマーケティング論など、会社をキラキラ輝く会社へと変貌させるためのヒントがつまっ ているのだ。 <レビュー/久保洋介(HONZ)>

★このレビューの全文はこちら⇒http://honz.jp/15011

HONZ【HONZ】
厳選された読み手が、何冊もの本を読み、​そのなかから1冊を選び出して紹介するサイト。小説を除くサイエンス​、歴史、社会、経済、医学、教育、美術などあらゆる分野の著作を対象としている(http://honz.jp/)

新幹線お掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか?

世界が惚れ込んだ“おもてなし”の真髄

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中