実はグラビア辞めたかった壇蜜「今でも板尾創路さんをご主人様と思っています」

 週刊SPA!連載「グラビアン魂」で、みうらじゅん&リリー・フランキーが「新しい!」と絶賛した人気グラドル・壇蜜。「グラビアン魂」出演時はまだ無名に近い存在だったが、今やグラビア誌やバラエティ番組に引っ張りだこ。彗星のごとく現れた壇蜜は、規格外のエロスでもって瞬く間にトップグラドルへと上り詰めた。そして彼女の次なるステージは「映画」。サタミシュウの官能小説を映画化した『私の奴隷になりなさい』で、なんとフルヌードの体当たり演技! 壇蜜、一体どこへ向かう!?

壇蜜

(C)2012 角川書店

――初主演ですね。役どころを教えてください。

壇蜜:謎の“先生”(板尾創路)に調教されて、被虐な扱いに喜びを感じる「香奈」というOLを演じています。夫がいながらも他の男性と性に溺れ、さらに自分に好意を寄せる若い新入社員(真山明大)をボロボロにしてしまう。“自由になりすぎた世界”において、「奴隷」として“窮屈な感覚”を得ようとする、そんな女性です。自分の欲に正直な女性として、共感できました。

――「共感」したのは、自分に似ている部分があるから?

壇蜜:はい、私もどちらかと言うと「M」ですから(笑)。映画出演が決まる前から、サタミシュウさんの小説は読んでいましたし、好きな一冊でした。演技は初めてだったので不安が残りますが、気持ちの面では香奈になりきれたんじゃないかなと思ってます。

――「SMの世界」について、どうお考えですか?

壇蜜:香奈がホテルの一室で先生に「奴隷にしてください」と懇願するシーンが、とても好きです。原作はSMを題材にした小説ですが、単なる「官能」ではなく、それはSMという行為を通じて人が成長していく青春物語なんです。例えば、仕事で報われずにストレスを抱える人がいる。それをサディスティックな行為で発散する人もいれば、「奴隷」という全くの別人格になって自由を得る人もいる。「SM」は別世界の話じゃなくて、引き金は日常の中にあるんです。私は自分を「M」と言いましたが、「S」は「サービスのS」、Mは「満足のM」とすれば、やっぱり「両方」です(笑)。

――「SM」は信頼関係が大事だと言いますが。

壇蜜:閉鎖的な人と人の繋がりですし、信頼がなければ成り立たないように思います。先生役はテレビでよく拝見していた板尾さんだったので、だいぶ緊張しましたが、現場では頼れる存在でしたし、今でも「ご主人様」と思ってます。

――板尾さんがうらやましいです(笑)。

壇蜜:私は「香奈」がうらやましいです。本当、自分の欲求に真っ直ぐで。ただ、私もその点では、最近ようやくスタートラインに立てた気がしてるんです。

――今までは「自分に素直」じゃなかったと?

壇蜜:「グラビアン魂」にお声掛けいただいたとき、正直、グラビア辞めようかどうしようか迷ってたんです。29歳でデビューしておきながら言うのもどうかと思うんですが、「30歳超えて何やってんだろう」とか、大して売れてもいないのに世間体を気にして、勝手に引け目を感じたり、当然しがらみもありましたから。でも、私、「普通」をやめたんです。

――「普通」って、なんですか?

壇蜜:いろいろありますが、わかりやすく言えば、「結婚して家庭を持つ」ということ。今はそういった「普通」であることをあきらめて、自分に正直でいようと決めたんです。そしたら急に気持ちが楽になったというか、胸のつかえが取れたような気がします。

――「自分に正直に」、何をしますか?

壇蜜:……自分を見せたい。そして、興奮してもらいたい。私がしたいのは、ただ、それだけなんです。

 ここまでブレイクしながらも彼女は「まだスタートラインに立ったばかり」と言う。本領発揮はこれからなのか。映画はいよいよ11月3日より公開。壇蜜のフルヌードに興奮しながら、彼女の今後を愚息ともども応援しようではないか。

⇒映画のカットを一部公開! http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=301503

【壇蜜/だんみつ】
’80年、秋田県生まれ。T158B85W60H89。主演映画『私の奴隷になりなさい』が11月3日より公開(角川映画配給)。ファースト写真集!『濃密』(角川書店)が10月下旬発売。最新情報は公式ブログ「黒髪の白拍子」でチェック! http://ameblo.jp/sizuka-ryu/

●『私の奴隷になりなさい』
普通の生活を送っていた既婚OLが、ある男性との出会いをきっかけに、「奴隷」として“覚醒”していく。’12年11月3日(祝)より銀座シネパトスほかロードショー。角川映画配給

<取材・文/日刊SPA!取材班>

私の奴隷になりなさい

エンターテイメントSM小説の金字塔!

壇蜜写真集 濃蜜

待望のファースト写真集!

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中