クルマ好きのためのマニアックなエコカーが登場

VWから登場した軽自動車並みに小さいクルマのup!。見た目のかわいさと値段の安さ、そして輸入車ではダントツの燃費の良さと三拍子そろったドイツの超小型節約兵器だ。対するは、もはや説明不要の世界の燃費皇帝プリウスと新型ミラージュ。VWの末っ子に胸を貸してやりました

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆ドイツが誇る超小型節約兵器襲来!燃費核兵器と貧者の核で迎え撃ってみた!

up! ハイブリッドカーが売れているのは日本とアメリカだけで、中国や欧州、その他発展途上国ではまるでダメだということは、もう30回くらい書きました。

 しかしそれでも、ハイブリッド技術は日本の宝。日本のような低速交通環境では、無敵の低燃費を叩き出す。いくらドイツ人が「アウトバーンではディーゼルのほうが速くて燃費がいい」と言っても、日本やアメリカにはアウトバーンはない。ハイブリッドの勝利だ!

 が、敵もさるもの、次なる刺客を放ってきた。それがこの、VWの「up!」なる小型節約兵器である。

 サイズは、軽自動車を叩いて潰したくらい。長さと幅はあるが背は低い。そして口の周りに泥棒ヒゲ。なかなかカワイイじゃないか。

 エンジンは、ターボもついてない3気筒の1000ccという節約設計、ミッションは変速のときにガックンとなる5速セミATだ。お値段は149万円からと、国産コンパクトカーに迫る安さで、日本のカタログ燃費も23.1km/リットルと、輸入車としてはダントツ1位である。

 室内の広さでは軽にもぜんぜんかなわないし、維持費の安さも軽の大勝利。up!はガソリンもハイオクだ。つまりこの刺客、真の節約戦争では最初から敗北が確定しているが、なにせドイツ最強の燃費兵器。日本の誇るケチケチ軍団と激突させないわけにはいくまい。日独節約対決のゴングが鳴るぜ!

 国産勢一番手は、世界のプリウス。説明無用である。そして、up!と同じく3気筒1000ccエンジンを積む、新型三菱ミラージュを用意した。燃費核兵器と貧者の核の両刀で迎え撃とう。

 横浜のみなとみらい地区と首都高を、3台連なって合計20kmばかり走った結果は……。

【後編】に続く⇒http://nikkan-spa.jp/306360

『up!』車体の画像はコチラ⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=306370

up!の価格は、エントリーグレードの2ドアmove up!が149万円だが、2ドアは受注生産のみ。4ドアのmove up!は169万円。装備は一緒でドアが2枚増えたぶん値段が上がった? 豪華装備のhigh up!は183万円です

― ドイツが誇る超小型節約兵器襲来!【1】 ―

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中