クルマ好きのためのマニアックなエコカーが登場【後編】

VWから登場した軽自動車並みに小さいクルマのup!。見た目のかわいさと値段の安さ、そして輸入車ではダントツの燃費の良さと三拍子そろったドイツの超小型節約兵器だ。対するは、もはや説明不要の世界の燃費皇帝プリウスと新型ミラージュ。VWの末っ子に胸を貸してやりました【後編】

⇒【前編】はこちら

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

 横浜のみなとみらい地区と首都高を、プリウス、up!、新型三菱ミラージュの3台連なって合計20kmばかり走った日独節約対決の結果は……。

【優勝】プリウス:29.1km/リットル
【2位】up!:19.8km/リットル
【3位】ミラージュ:18.7km/リットル

up!

トータルコストを考えると、燃費皇帝やup!に比べてダントツ車両価格が安いミラージュの勝ち。まあ、この3車に絞ってクルマの購入を検討することはないでしょうが……

 さすがプリウス! 時速80km以下の低速環境では、またしても爆発的な強さを見せつけた。昨年末のマイナーチェンジでサスペンションの改良を受け、乗り心地も相当良くなり、もはや雰囲気は完全に高級車。世界を制した燃費皇帝の威厳すら漂っている。ポッと出のup!などひとひねりだぜ、ワッハッハ!!

 一方のミラージュは、ドイツ車に無念の敗北。車重はup!より軽いし、ミッションも燃費に有利なCVTなんだけど、なぜ負けたのか。こんなにボディがペナペナなのに! 正直、乗ってると貧乏な気分になってきて、「これなら軽のほうがいいんでは」と思うのですが、しかしup!に比べれば室内はずっと広いです。CVTは街中でガックンとならずスムーズです。ガソリンもレギュラーです。そして値段は99万8000円から! トータルコストなら勝つ。

 そしてup!。このクルマのウリは、実は燃費ではない。

up! ひとつは、小型車でありながら、「ぶつからないクルマ」を標準装備していること。時速30km以下なら、脇見運転してても自動ブレーキで止まってくれる。こんな小型車は他にない!

 もうひとつは、市街地でノロノロ走るなら国産車のほうが絶対いいが、高速道路を飛ばすなら、up!が絶対いいということだ。

 up!は、信号の多い市街地だと、変速のたびにセミATがガックンとなって、慣れるまで「なにこれ?」と思うだろう。が、高速道路に入れば、アウトバーン育ちだけに、プリウスやミラージュを相手にしない。飛ばせば勝ちだということだ。

 最高速は170km。そこまで出してもまったく安定しているし、音も静か。なんせ飛ばすのが気持ちいい。これは国産ケチケチ軍団にはない魅力である。

 スタイルも機能的な美しさがある。さすがガイシャ。

 結局のところこのクルマ、国産車とはバッティングしない、クルマ好きのためのマニアックなエコカーなのでした。

【結論】
これを読んで、「カミさんの足に良さそうだ」と思った方、悪いこと言わないから、ポロかゴルフにしておきなさい。up!はクルママニア向けです。主婦には難関です。高速飛ばすこともないだろうし


― ドイツが誇る超小型節約兵器襲来!【2】 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中