【画像集】全身泡だらけ美女の楽園「泡フェス」に地味女子が行ってみた

 夜遊びしない、露出しない、中学のときのグループはイケてない、地味街道を生きる女性記者が、イベント『泡フェス2012』に行ってみた。“泡フェス”とは、もともとスペインのイビサで有名なクラブイベント“泡パーティー”からきている。歌って踊るところを泡の演出が入る、ただそれだけではあるが、主催の中間理一郎さんは「みんなそんなに泡好きか?(笑)ってくらい盛り上がります」という。

 泡には興味あるが、クラブには興味ゼロ……どころか、見知らぬ他人同士で踊り狂う意味がわからない。クラブイベントは異国の文化くらいに思っている筆者だが、泡の力で凝り固まっている心は溶けるのだろうか。

 会場入りすると、泡まみれで歌って踊る薄着の男女で溢れかえっていた。

⇒【画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/309187/awa1

泡フェス

海パン、ビキニがわんさか。ハワイか!

 ギャルたちがイケメン外国人を取り囲み、カメラを向けると、いかにもクラブ慣れしてそうな美女たちがすかさずポーズ。

 テンションの高すぎる会場の模様に、どうしていいかわからず、筆者は立ち尽くすしかなかった。踊れない、クラブのお作法も分からない、誰とも友だちになれそうにない、とひとしきりモジモジしたのち、隅のほうで泡遊びをしていたのだが……。

 なんと泡合戦に巻き込まれてしまった……。どうやら、この場では、知り合いであるないにかかわらず、近くにいる人に泡をつけるというコミュニケーション法があるらしい。

泡フェス

ひどいよ……

 だが、泡をつけられ、つけ返し、を繰り返すうちに、なんだか楽しくなってきた。コミュニケーションに困ったらとりあえず泡をつけておけばいいのか。味をしめた筆者は妖怪泡ババァと化した。

泡フェス

手当り次第に泡をつけていく筆者の姿に男性陣もやや引き気味

 音楽がガンガンに流れて、踊る人がいて、といわゆるクラブっぽさはあるのだが、泡がある分だけ、ハードルは低いとも言えるかもしれない。大勢の赤の他人同士が、10年来の友人であるかのようにはしゃぎ合う姿は冷静に考えれば異様だ。しかし、泡は確かにそれを可能にしていた。ただし、泡合戦にいそしむ人々を観察していると、皆が皆ひとりの人に泡をつけ終わったら、次、ハイ次、と“ターゲット”をコロコロ変えているようだった。泡がはじけるとともに、“友情”も消えてなくなるのだ。諸行無常である。

泡フェス

泡を媒介に一瞬だけでも仲良くなれる

<取材・文/朝井麻由美 撮影/林健太>

⇒ 【泡フェス美女画像集】
http://nikkan-spa.jp/309187/awa17


●泡フェス・泡パーティー主催の中間理一郎氏のブログ。
次回泡パーティーの情報はこちらをチェック。
http://afromance.exblog.jp/

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中