【エコカー】これ以上の燃費競争は無意味!?

燃費のエースと言えば、プリウスやアクアに代表されるハイブリッドカーですが、ケチケチのエースといえば今も昔も軽自動車。そんな軽自動車の代表格であるスズキのワゴンRがモデルチェンジ。ホンダのN-BOXやダイハツのミラから軽自動車王の座を奪還すべく、ケチに磨きをかけてきた。そんなワゴンRとアクアを比較。今回は燃費だけでなく、トータルコストで考えてみました

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
茂呂幸正=写真 Photographs by Moro Yukimasa

⇒【前編】はコチラ 「“ケチケチカー”の王座奪還を狙う新型ワゴンR」

ワゴンR,アクア

燃費ではハイブリッドカーの後塵を拝しましたが、トータルで見れば下駄車としては相変わらず軽自動車が最強。どれも燃費がいいってことは燃費対決自体がそもそも無意味!?

 実はスズキのワゴンRの「発電のケチケチ化」で節約できる燃費は、たったの2~3%なんだけど、ワゴンRはその他ボディを軽くしたり、アイドリングストップを進化させたり、そのアイドリングストップ中はエアコンが止まっちゃって車内が暑くなるから、エアコン内部に保冷剤を入れ込んだりという、「夏は行水!」みたいな原点回帰の節約術をフル活用し、旧型より燃費を2割向上。「燃費でハイブリッドカーの尻尾が見えました!」(スズキ開発陣)というところまで前進したわけです。と言っても、同じ軽のミライースには少し劣るんだけど、室内の広さは背の高いワゴンRの大勝利なので、それを思えばスゲエ! と言えますね。

 自慢の燃費は、カタログ上リッター28.8km。これを、リッター35.4kmを誇るトヨタのハイブリッドカー・アクア(私の自家用車ボコちゃん)と激突させてみた。2台で浦安のディズニーランド周辺をエアコンONで走った燃費がこれだ!

ワゴンR/リッター18.8km
アクア/リッター23.0km

 さすがにハイブリッドカーは強かったが、ワゴンRも健闘した。確かに尻尾は見えている。

 私のアクアは、買ってからの平均燃費がリッター22.5kmなので、ワゴンRも平均してリッター19kmくらい走るだろう。この差が積み重なると、どれくらいの金額になるのか?

●アクアS(179万円)

購入時の諸経費 10万円
ガソリン代 65万円
税金・保険 45万円
整備・車検 44万円
合計 343万円

●ワゴンR FXリミテッド(125万円)

購入時の諸経費 9万円
ガソリン代 79万円
税金・保険 18万円
整備・車検 41万円
合計 272万円

343万円-272万円=71万円

 新車で買って10年10万km乗ると、ガソリン代の差は14万円。なるほど。しかし、税金と保険料は軽のほうが27万円安上がりだ。クルマの値段も50万円以上ワゴンRが安い。これらが積み重なると、合計して71万円、ワゴンRのほうがおトクという結論が出ました!

 つまり、ケチに徹するなら、燃費よりクルマの値段や税金を重視したほうがいいってこと。みなさん、もう燃費のことは忘れましょう!

 ちなみに新型ワゴンRの走りのフィーリングは、とにかく軽い。日常走行なら性能的には十分。飛ばすと少しかったるいのと、ボディが軽すぎて乗り心地がバタバタするけど。

【結論】
エコカーはどれも十分燃費が良くなっており、すでにガソリン代の比重は下がっている。これ以上燃費を良くしてもそんなに節約できません! メーカーのみなさん、無意味な燃費戦争はそろそろ終わりにしましょう!

― ワゴンRとアクア。どっちがおトクか検証してみた!【2】 ―

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中