西田麻衣、中村静香ら人気グラドルがセクシーシェイク対決

 10月22日、新宿駅東口前広場にて、グリコ乳業『ドロリッチ クリーミーカフェゼリー』発売イベントが行われ、グラビアアイドルの丸高愛実、遠野千夏、柴小聖、西田麻衣、中村静香らドロリッチガールズと、『キングオブコント2012』で優勝したお笑いコンビ・バイきんぐが登場した。

ドロリッチ

ドロリッチガールズ(左から時計回りで、丸高愛実、遠野千夏、柴小聖、西田麻衣、中村静香)

 イベントでは、「強く振って飲む」という商品コンセプトにちなんで、ドロリッチガールズが、体の部位にドロリッチを取り付けてシェイクし、誰が一番おいしいドロリッチにできるかという対決が行われた。くじで決めたドロリッチの取り付け部位は、腕、手、お腹、腰、足。

⇒ 【画像】 西田麻衣らグラドル5人がドロリッチを体に装着
http://nikkan-spa.jp/315884/dororich_02


 グラビアで鍛えた体といえど、200gから220gに増量となったドロリッチを、お腹や腰でシェイクするのは難しくないのだろうか? 彼女らがどんなシェイクを披露するのか会場から熱い視線が注がれるなか、シェイクスタート。

ドロリッチガールズ

中村静香は「お腹」

「お腹」の中村はピョンピョンと上下に飛び跳ね、「腕」の西田は「コラー」のポーズで腕を振り、「手」の丸高は余裕でシャカシャカ本気シェイク、「足」の遠野は地団駄を踏んだ。そして、「腰」の柴はまさかの横振り。腰を一生懸命に捻ってみせた。

⇒ 【画像】 グラドルたちの本気シェイク
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=315890


 ちなみに、ドロリッチをシェイクするための最適な方法は「手で握って5、6回上下に強く振る」だ。今回リニューアルされたドロリッチのクリームは、なめらかでストローで吸えるホイップクリームへと変わっている。そのため、振る回数によってゼリーの食感が変わり、色々な味わい方が楽しめるという。しかし、さすがに「腰」では全くシェイクできていないのではないだろうか? 判定は、バイきんぐの小峠が行った。その結果は……

 やはり手で振った丸高愛実が優勝。丸高には、バイきんぐ・西村による「愛の告白」という、なんとも嬉しくない賞品が贈られた。西村の「夜明けのドロリッチを2人で飲みましょう」という告白に対し、丸高は間髪入れずに「ごめんなさい!」と拒否。相方の小峠は「商品を振ることもさることながら、うちの相方まで振るとは」と、うまいことを言いつつも悔しそうな表情を浮かべた。

 肝心の味については、「ふわふわしていて、やみつきになる」(西田)、「ホイップクリームがまろやか。食後にスイーツとして飲みたい」(遠野)と、ドロリッチガールズがしっかりアピールしていた。

◆ 最新CMもグッとセクシー

 ちなみに、22日から放送開始の最新CMでは、ドロリッチガールズがイベントで着用した衣装よりもセクシーな姿を披露している。内容は、カフェゼリーになったドロリッチガールズめがけて、ホイップクリームが横からスローモーションで飛んでくるというもの。このほか、ドロリッチ公式サイト(http://dororich.jp/)では、ドロリッチガールズのオリジナル動画も配信中。彼女たちのことをもっと知りたい方は、こちらにも注目だ。 <取材・文・撮影/林健太>

http://www.youtube.com/watch?v=yHJV4OjcrOc

【動画】はこちら⇒ http://nikkan-spa.jp/315884

関連記事

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中