石原前都知事のおかげで日本のディーゼル車が進化

スカイアクティブ・ディーゼルなる新技術を搭載し、大ヒット中のマツダ・CX—5ディーゼル。みなさん絶賛しております。もちろん同社の頑張りの賜物なのですが、石原慎太郎前都知事のそれは厳しいディーゼル規制あっての技術革新でもあったわけで。そんな日本のクリーンディーゼル技術の結晶と、ディーゼルの本場からやってきた刺客を対決させてみました!

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

ディーゼル車 国政に転じられる石原慎太郎前都知事に、私が大感謝していることが2点ある。1点は外環道の大深度地下化による建設決定。もう1点はディーゼル車にNO!宣言だ。

 あの頃の日本のディーゼル規制は、先進国としてはありえないほどユルかった。当時の日本人にとっては、「ディーゼルの排ガスは黒くて臭い」というのが常識だったが、欧米ではすでに許されないことだった。

 細かく言うとですね、日本は窒素酸化物の規制ばっかり厳しくて、黒煙(粒子状物質)のほうがザルだったんですわ。ディーゼル車が臭くて煙くて発ガン性まで疑われる黒煙を大量に出すから、道路の建設も害悪視され、外環道も造れなかったっつー部分が大いにあった。

 石原さんの強硬策のおかげで、日本のディーゼル排ガス規制は急速に厳しくなり、技術開発が促進された。これに合わせて石油業界も、軽油に含まれる硫黄分を50分の1にまで大幅低減。この両面作戦により、現在、ディーゼル車の黒煙(規制値)は当時の200分の1に! まさに石原さんの置き土産であります。もう環八をオープンカーで走っても耐えられます。

 SPA!読者のボンクラ諸君は何も知らぬだろうが、この流れは日米欧ほぼ歩調を合わせておって、再来年には先進国のディーゼル排ガス規制が、ほぼ同一のところまで厳しくなるのだよ。一種の世界基準だ。この世界基準に照準を合わせ、いち早く新技術「スカイアクティブ・ディーゼル」を開発したのがマツダだったというわけだ。

※【後編】に続く⇒【マツダ VS BMW】クリーンディーゼル対決
http://nikkan-spa.jp/326889


― ありがとう!石原さん。日本のディーゼル車は進化しました【1】 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中