世界のトラック&バスが大集合!

アクトロス

アクトロスは、レガシィの“ぶつからないクルマ”の超進化版を搭載。なんと時速90kmから完全停止可能。“ついていくクルマ”機能では、前車が発進すると2秒後に自動発進!

サッカーや野球の日本代表のように、世界に飛び出して活躍する人を“侍”と敬意をこめて呼んだりしますが、クルマの世界、とりわけトラックの分野にも侍がいたりするわけで。アクア並みの燃費性能を誇り、あのポルシェですら市販化していない技術を搭載した侍トラックに乗りに、ポルトガルまで行ってきました

西村直人=文 Text by Nishimura Naoto

⇒【前編】はコチラ「日本が世界に誇るハイブリッドトラックの実力」

 ポルトガルまで来たついでに、ダイムラー社の御膝元・ドイツに寄り道して、最新の大型トラクターと48年前の旧型トラックにも試乗した。大型トラクター「アクトロス」は、12.8リッター直噴ディーゼルターボエンジンに12段のセミATを組み合わせ、車両総重量が40トンにもなるボディを、速度リミッターさえ外せば時速140km以上で走らせることができるモンスター。

 一方のヘリテージトラック「Hauber」は4.5リッターディーゼルエンジンに4速MTで車両総重量は7.5トン。クラッチペダルはトヨタ「86」の20倍はカタくて、パワステなしだからハンドルも重い。真っ黒な排ガスを出して力強く走るさまはSLのようだ。

 さらにハノーファーで開催されている「第64回IAA国際商用車ショー2012」にも参加。今回のトレンドは空力性能を向上させた「エアロボディ」だ。世界一厳しい排出ガス規制のユーロ6が施行されたことを受け、欧州各国の新車の車両価格が軒並み高騰している。クリーンな排出ガスは地球にも人類にもけっこうな話だが、車両価格の高騰は購入する事業者にとっては頭痛の種。そのためメーカーは知恵を絞り、空力性能を向上させることで燃費性能を大幅にアップさせてきたわけだ。

 以上、弾丸ツアーの報告でした。

【結論】
排出ガス規制で車両価格が高騰した分を燃料代で回収すべく、ハイブリッド、ディーゼル、デュアルクラッチ、ボディ形状など、あらゆる努力をしている最新トラック。その最先端を走るのが、侍トラックなんです!

― 日本が世界に誇るハイブリッドトラックの実力を見てきた!!【2】 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中