赤信号で止まらない自転車を数えてみた!

車を運転していても歩行者として歩いていても、自転車にはヒヤリとさせられることが多い。ママチャリのおばさんが傍若無人なのは仕方ないとしても、若者は若者でケータイ見ながら運転してたり、わりと本格的な装備の人=安全意識の高そうな人でも交通ルールを無視して走ってるケースが結構ある。

ハッキリ言って、危ないし迷惑! でも、「そんなのは一部の人だけ」というご意見もあるだろう。そこで、自転車乗ってる人がどれだけ信号を守らないか、実地調査してみることにした。

図1

【図1】こんな感じで斜めに信号無視していく自転車多し

場所は、東京・世田谷区内のとある交差点。そこそこ交通量のある片側一車線の道路Aと、商店街につながるやや狭い道路Bが交わる場所である。

真夏の日差しが照りつけるなか、観測スタート。さっそくママチャリのおばさんが、赤信号などまったく目に入らないかのように道路Bを横切っていく。ていうか、道路Bから出てくる車がいなければ、道路A側の赤信号はみんな基本無視という感じ。イカしたロードレーサーに乗った兄ちゃんも、マウンテンバイクの小学生も、一応左右をうかがったりはするものの、ほとんど止まることはない。信号が黄色から赤に変わって右折車が曲がり始めているのに、その前方を平気で直進していくおばさんもいたけど、それで事故になっても車の側が悪者にされるんだから、ドライバーは気を使うよなあ。

わりと多かったのが、道路Aを走ってきて進行方向の信号が赤なのを見て、図1のように青信号側の横断歩道を渡るかに見せかけて、斜めに横切っていってしまうパターン。本人的には信号守ったつもりかもしれないけど、思いっきり信号無視ですから!

一方、道路B側が赤信号のときは、道路Aを車がブンブン走っているわけで、さすがに強引に横切ることはない。が、一旦は停止しながら車の流れが途切れた隙に渡っちゃう不届き者はやっぱりいた。

自転車01

※写真はイメージです

そんなこんなで、1時間……のつもりが熱射病になりそうだったので30分で観測終了。

結果は、赤信号で止まった自転車20台、止まらなかった自転車、なんと36台! ダブルスコアには届かなかったが、信号を守らない自転車が多数派であることは間違いない。


日本の道路が自転車のことを考えた設計になってないという面はある。が、だからといって最低限の交通ルールも守らないのはいかがなものか。自転車乗りのみなさん、せめて信号ぐらいは守らないと、ドライバーや歩行者から嫌われるばっかりですよ。


取材・文/新保信長

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中