探検作家・角幡唯介、GPSを持たずに北極を探検中

角幡唯介,探検作家

探検作家の角幡唯介氏

 開高健ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞、稲田次郎文学賞などを総ナメにし、いまや日本を代表するノンフィクション作家の一人となった角幡唯介。彼は辺境の地を探検し、その道行きを文章に綴る「探検作家」である。新たな探検の形を求めて単独、北極へ向かう前日に話を聞くことができた。なんでも、今回はGPSも通信手段も持たずに行くそうだが……。

「GPSを使うと、北極にいる意味の重要なところが削がれちゃう気がするんです。北極ではナビゲーションを自分でやるのがすごく重要なことで、そこにゲーム的な面白さもある。『今、自分がここにいて、あとこれだけ距離があって、こっちの方向に行かなくちゃいけない』とか。それで、そのために移動に何日かかるかを常に考えて判断したり、食糧配分したりするのが魅力なんですけど、GPSで人工衛星に頼れば、目的地まで何kmってところまで全部答えがでちゃう」

 さながら攻略本を見ながらゲームをしているようで、「自力感」がないのだという。また通信手段を持たないことも、今回の探検の重要ポイントだ。

「人間の社会から遠く離れた、もう周囲何百kmも人間がいない本当のウィルダネス(荒野)の中に入るというのが北極の魅力なんですよ。電話があるとその条件がなくなっちゃいますから。『あるものを使わないのは意味がない』と言う人もいるけど、『何を求めるか』ですよ。単純に『どこかに行くこと』だけを目的にしているなら、別に何を使ってもいいんだろうけど、僕の場合は、自然の中にどうやって入りこむか、『生と死がない交ぜになって存在している場としての自然』にどうやって身を置いて旅をするかが重要なので」

 今回の北極行では太陽が昇らない世界である「極夜」を体験してくるという角幡。これもまた「システム」の外側にある世界を見てみたいからだという。今頃、暗く極寒の氷の上を歩いているだろう彼は、何を感じているのだろうか。

※さらに詳しいインタビューは12月11日発売の週刊SPA!「エッジな人々」にて

<本誌構成/土屋敦 撮影/アライテツヤ 再構成/SPA!編集部>

週刊SPA!12/18号(12/11発売)

表紙の人/ラブリ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中