選考委員が振り返る「日本カー・オブ・ザ・イヤー」【後編】

今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは、トヨタとスバルが共同開発した86/BRZ、クリーンディーゼルのCX-5、ガソリン、ハイブリッド、ディーゼルを取りそろえた3シリーズ、SUVにクーペのデザインを持ち込んだイヴォークなど、悩みどころ満載の10車種からCX-5が選ばれた。大接戦だった今年のCOTYを振り返る――

西村直人=文 Text by Nishimura Naoto

⇒【前編】はこちら

◆実行委員会特別賞は86/BRZ

 そして、私が10点満点を配したのが86/BRZ。スバルとの協業発表から5年で誕生したことに加え、プリウスPHV、アクアなどのハイブリッドカーと同じ年に誕生させたことに存在意義を感じた。

86/BRZ

実行委員会特別賞は86/BRZ(トヨタ/スバル)に。ベースが同じで異なる車種が賞を獲得した例は、'80年のCOTYに輝いたカペラ/テルスター(マツダ/フォード)以来

 86/BRZを評価するうえで、走る楽しさを尺度にする風潮があるが、オーナーとしては楽しさを追求するというよりも、スポーツモデルを所有する歓びのほうが高いのではないかと思う。開発責任者であるトヨタの多田哲也氏は「売りっ放しにせず、中古車市場でも輝く存在としていく」と明言。パーソナルモビリティにも採り入れていきたいスポーツモデルとしての演出にも共感を覚えた。

日本カー・オブ・ザ・イヤー 昨年のイヤー・カー「リーフ」が522点獲得したことから考えると、CX-5の363点は60名からなる選考委員の評価が総じて辛かったのかと感じてしまうだろうが、今年の10ベストカーは各車個性が強く、販売価格帯にしても現実的なものが多かったため、選考委員が大いに頭を悩ませた結果と見るべきだろう。

【2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤー得点表】

1位 CX-5(マツダ)363点
2位 86/BRZ(トヨタ/スバル)318点
3位 3シリーズ〈セダン/ツーリング〉(BMW)282点
4位 レンジローバー イヴォーク(ランドローバー)218点
5位 up!(フォルクスワーゲン)152点
6位 ワゴンR/ワゴンRスティングレー(スズキ)68点
7位 DS5(シトロエン)51点
8位 ジュリエッタ(アルファロメオ)29点
9位 ノート(ニッサン)10点
10位 N BOX/N BOX+(ホンダ)9点

― 大接戦の末、今年のCOTYに輝いたのはマツダCX-5!【2】 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中