電車内でエロ記事を読むのはマナー違反か?

普段の何げない行動、マナー的にはどこまでセーフでどこからアウトなのか。その境界線を探るべく全国20~40代の男女200人を対象にアンケート調査を行った

◆交通機関はマナー違反が引き起こすイライラが充満

イラスト/石井匡人  通勤、通学から遊びまで生活に欠かせない交通機関。しかし、さまざまな人が利用するためイライラやトラブルも多い。中でも自己中心的な行動はマナー違反と取られやすい。実に96%の人がNGとした「降りる人よりも先に乗ろうとする」はその典型といえるだろう。

「ドアが開いた瞬間、我先にと駆け込んでくるから、降りられないし危ない」(女性・21歳・専門学校生)。

 車内での飲酒は89%がNG。揺れや混雑で予想外のトラブルが起きることも……。「缶チューハイを片手に泥酔した客が、寝てるおじさんに思いっきり嘔吐。電車内は地獄絵図だったけど、当の本人は知らぬ顔して降りていった」(男性・25歳・フリーター)。第二の被害者を増やさないためにも新年会シーズンは気をつけたいところだ。

 車内での食事も否定的な意見が多かった。「香りの強いもの、ファストフードとかは勘弁してほしいですね。こっちまでお腹が空いちゃう」(女性・26歳・美容師)。

 漏れて迷惑なのは食べ物の匂いだけではない。シャカシャカと他人の耳を刺激する音も8割以上がマナー違反と答えた。「イヤホンから音漏れしてるヤツの曲って、だいたい“痛い”のが多いと思うのは気のせい?」(男性・30歳・SE)。言われてみれば音漏れしている音楽はユーロビートなどが多いような気もするが、それは単純に音が高いからではないだろうか……。

 大きく賛否が分かれたのは移動中に18禁の記事を読むこと。特に女性側からは否定的なコメントが多かった。「家でゆっくり読めばいいのに。普通に考えたらセクハラですよ、セクハラ!」(女性・29歳・看護師)。確かにこれでは性欲の暴走特急である。

 何がマナー違反なのかの境界線は地域にもよる。香水や悪臭など電車内での強い匂いに関して全国的にはNGとする声が圧倒的に多かったが、なんと関西では58%がOKと答えている。その他の項目も全国平均よりNGのパーセンテージが低く、寛容な意見が目立った。「マナーを意識しすぎて他人に強要するようになったら本末転倒やないですか」(男性・26歳・会社員)。懐が深いのか、単に緩いのか、はたまた地域性なのか。関西地方と全国では、随所に違いを見ることができた。

 また、91.5%と2番目にNGが多かった車内での携帯電話の使用も人によってはOKだ。「直接人と話すのは大丈夫で、電話で話すのはダメって意味がわからない。大声じゃなきゃいいと思う」(女性・40歳・塾講師)という声に代表されるように小声なら許容範囲ということだろうか。

 今回アンケートでマナー違反ではないと判断されたのが飛行機で泣きやまない赤ちゃんだ。前回(http://nikkan-spa.jp/354878)では、飛行機に赤ちゃんを乗せること自体NGと答えた人が40%近くもいたのに、機内で泣くのはマナー違反ではないとはいったいどういうことなのだろうか。「乗せないことが一番いいと思う。でも、乗った以上は仕方ない」(男性・44歳・コンサル)という悩ましい意見から、「泣くのは当たり前っていう姿勢の親と、申し訳ありませんという一言が言える親とで判断が違ってくると思う」(女性・32歳・不動産)など、状況によりけりということなのだろうか。

 ほかにも「化粧はいいけど、ファンデーションなどの粉系の化粧は失礼だと思う」(39歳・主婦)など、TPOによってもマナー違反か否かは分かれるようだ。お互いへのストレスが溜まりやすい公共交通機関。赤ちゃんには我慢できるが、赤ん坊のような大人にはみんな辟易しているようだ。

【電車や駅など交通機関編】

・降りる人よりも先に乗ろうとする(OK 4.0%/NG 96.0%)

・電車内での携帯電話による通話(OK 8.5%/NG 91.5%)

・電車内での飲酒(OK 11.0%/NG 89.0%)

・2人掛けの席に1人で座る(OK 17.0%/NG 83.0%)

・後ろを確認せずにいきなり背もたれを倒す(OK 18.5%/NG 81.5%)

・階段や通路で案内矢印に逆走する(OK 18.5%/NG 81.5%)

・車内でのイヤホンからの音漏れ(OK 19.0%/NG 81.0%)

・香水、悪臭など強い匂いを発している人(OK 22.0%/NG 78.0%)

・満員電車で奥に進まず、降車口付近にたまる(OK 23.5%/NG 76.5%)

・電車内での化粧(OK 24.5%/NG 75.5%)

・電車内での食事(OK 30.0%/NG 70.0%)

・電車の中で鼻をほじったり、鼻毛を抜く(OK 30.5%/NG 69.5%)

・雑誌や新聞の18禁エロコーナーを読む(OK 49.5%/NG 50.5%)

・窓際の席なのに、頻繁にデッキに出る人(OK 54.5%/NG 45.5%)

・座席で靴、靴下を脱ぐ(OK 57.5%/NG 42.5%)

・飛行機内で泣きやまない赤ちゃん(OK 74.0%/NG 26.0%)

イラスト/石井匡人
― 公共マナー[OK/NG]の境界線【2】 ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中