新型イプシロン登場で再認識したクルマのブランドの重要性

新型イプシロンの登場を喜んだのも束の間、なんかヘン! それは新型のブランドがイタ車のランチアではなくアメ車のクライスラーだったから。なんでこんなことに? 自分の大好きなクルマが、ある日、違うブランドから登場したら許せる? それとも許せない? 現ランチアオーナーの伊達軍曹と元ランチアオーナーのMJブロンディで考えてみました【後編】

CHRYSLER YPSILON

価格は普及版のゴールドで235万円。本革仕様のプラチナは265万円。ランチアは販売不振から消滅の方向にあるが、イプシロンだけは売れているので欧州以外ではクライスラーブランドで売られることに。日本に輸入されるのは右ハンドルのAT車

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
大子香山=撮影 Photographs by Daiko Kazan

※【前編】はこちら⇒http://nikkan-spa.jp/355129
新型イプシロンはクライスラーのバッヂを見た瞬間萎える


MJ「考えて見るとオレ自身、クルマを除くと一切ブランドにはこだわってないんだよ。ファッションは全身ユニクロだし!」

軍曹「私もクルマ以外にはそれほどこだわりはないですが……。あ、ありました。ギターはフェンダーかギブソン、リッケンバッカー以外、どんないい音がしてもダメです」

MJ「へえ」

軍曹「ちなみにユニクロは下着以外はダメです。ジャージはアディダス以外受け付けません!」

MJ「つまり、自分が魂を込めている分野については、ブランドにこだわるということだね?」

軍曹「そうです。私がたとえばダルビッシュ有であれば、ブランドなんぞにこだわる必要はないでしょうが、一般人である自分は、乗っているクルマや弾いているギターのブランドで、自分の価値がある程度決定されてしまいます。たとえ他人が気にしなくても、自分で自分が許せないであります!」

MJ「だからそこを乗り越えて、男としてダルビッシュ有を目指すべきではないか。クライスラー・イプシロンに乗って、『ブランドなんか関係ないよ、いいクルマだから買っただけさ』と言える、でっかい男になるべきじゃないか!?」

軍曹「ムリです! MJさんはフェラーリを持ってるから、そんなことが言えるんです!」

MJ「げっ!」

軍曹「確かにフェラーリを持っていれば、セカンドカーがランチアだろうがクライスラーだろうが。どっちでもいいかもしれません。しかしランチア愛好者には、それがすべてなんですよ!」

MJ「いや、そこを乗り越えて……」

【結論】
この失われた20年で、日本人はブランドどころじゃなくなったが、クルマ好きにとっては、まだまだブランドはとても重要。クライスラー・イプシロンの登場は、それを再認識させてくれました

― アメ車ブランドから登場したイプシロンはアリなのか?【2】 ―

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中