低収入の誠実な人と高収入の遊び人、どっちを選ぶ?【独身OLの悩み】

【佐藤優のインテリジェンス人生相談】
“外務省のラスプーチン“と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

◆独身OL(ペンネーム) 証券会社勤務 女性 37歳

結婚 証券会社で働く独身OLです。自分で言うのもなんですが、営業面でかなり会社に貢献していることもあって、同期のなかではダントツに多い収入をもらっています。

 もう2年以上、男性とお付き合いしていなかったのですが、今、気になる人が2人います。1人は社内のやり手営業マンですが、同期からは「あの人は社内の人に何人も手を出してるからやめたほうがいい」と言われています。もう1人は、合コンで知り合ったメーカー勤務の方で、非常に誠実そうです。その人は少なからず私に好意をもってくれていると思うのですが、私のほうが収入が多いことに気づいて(私の住んでいるマンションなどから)、一歩ひかれているように感じます(「派手な生活してそう」とか言われました)。私はどちらの男性を選ぶべきでしょうか?

◆佐藤優の回答

 小中学校の頃から、独身OLさんは優等生だったのだと思います。しかし、少し厳しいことを言いますが、学校の成績、職場における高い地位や評価と人間としての幸せは、直接繋がっていません。少し冷静に考えみると成績と人間の価値はまったく関係ないのですが、いわゆるエリートと言われている人、あるいはエリートを目指す人は、事柄の本質を冷静に見きわめることができなくなってしまう事例が多いのです。そのことに危機意識を覚えて、井戸まさえさんと『子どもの教養の育て方』という本を出しました。是非、目を通してください。この本を読めば、今までの価値観から、距離を置くことができるようになります。

 さて、ご相談の具体的内容についてですが、同期から「あの人は社内の人に何人も手を出してるからやめたほうがいい」と言われているような男とは絶対に結婚しないほうがいいです。女癖の悪さというのは、まさに癖です。病気は適切な治療をすれば治すことができるか、あるいは発症を抑えることができます。しかし、癖はそう簡単に直りません。あなたと結婚してから、相手は必ず浮気をします。浮気と浪費はパッケージです。こういう男と結婚しても、絶対に幸せになりません。もっとも世の中には「不幸依存症」の人がいます。そういう人ならば、浮気癖、浪費癖のついた男と結婚しても耐えに耐えぬくことができるでしょうが、それは決して幸せな人生とは思いません。

 人間が、人生の重要なことを他人に相談するときは、実は、結論が事前に心の中では決まっているのです。独身OLさんが、合コンで知り合った、あなたよりも所得の少ない男性に惹かれていることは、質問文を読めばよくわかります。自分の気持ちに忠実に進むことをお勧めします。ただし、現在のあなたの価値観で結婚すると、おそらくこの結婚はうまくいかないと思います。資本主義社会では、人間の能力がカネで評価されていると考えている人が多すぎます。しかし、カネは、商品交換の中で生まれた人間と人間の関係の一部を表すものにすぎません。駆け足が速い男性、巨乳の女性は、ある状況で、ある人たちからはモテるかもしれませんが、それが人間的価値のすべてを表すものではありません。カネにとらわれる世界観から独身OLさんが抜け出す努力をすることが重要です。

 少し難しいテキストですが宇野弘蔵『経済原論』(岩波書店)や鎌倉孝夫『資本主義の経済理論』(有斐閣)の貨幣に関する記述を熟読することをお勧めします。あなたが、この人を「非常に誠実そうです」と感じているのですから、この出会いには脈がありそうです。思い切って、この男性と同棲してみることです。1年同棲し、セックスと経済生活を共にすればお互いの価値観や性格がよくわかります。その上で、一緒にやっていけると思ったならば、この男性と結婚すればいいです。

【今回の教訓】
同棲してセックスと経済生活をしよう

◆募集
佐藤優さんへの相談を募集中。匿名希望の方はペンネームを記入してください。採用者には記念品をお送り致します。
⇒応募はコチラから https://nikkan-spa.jp/icol_form

【佐藤優】
1960年生まれ。1985年に外務省入省。在英、在ロシア連邦大使館、国際情報局分析第一課で活躍。2002年に背任の容疑で逮捕。『インテリジェンス人生相談』個人・社会編に続く第3弾、新刊『インテリジェンス人生相談<復興編>』が発売中!

子どもの教養の育て方

知の巨人と5児の母兼政治家が語りつくす、新たな「子育て論」。頭のいい子、勉強のできる子、優しい子を育てるための具体的方法論も紹介。'12年刊

インテリジェンス人生相談 復興編

超個人的な問題から佐藤優が導<日本復興のシナリオ>とは!?

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中