300万円台で夢のマイホームを手に入れる方法

 突然だが、関東近郊なら家族で住める広さの家が300万円台から買えることをご存じか? この金額なら住宅ローンなし、現金でマイホームをゲットするのも夢ではない。なぜ、そんなことが可能なのか? そのヒントは団地にあった。関東近郊の団地なら、敷地がゆったりしているので平置きの駐車場は当たり前。緑が豊かで子育てにも最高の環境だ。気になる通勤時間も、地下鉄の相互乗り入れで解消されつつある。

団地

ほぼDIYでリノベーションした室内はこざっぱりとして住みやすそう

 ユニークな不動産サイトとして知られる東京R不動産でも2011年12月に「団地R不動産」というサイト(http://www.realdanchiestate.jp/)がオープンし、2012年11月26日には『団地に住もう!』という本も出版されるなど、団地に住むことがちょっとしたブームになっているのだ。レトロな佇まいや整然とした外観など、新築マンションとはまったく異なる、温かみのある建物に魅力を感じる人も少なくない。いまあえて団地に住む、というのは選択肢として大いにアリなのだ。

 例えば埼玉県入間市に住むYさん夫妻は、入間市内の団地を350万円で購入し、300万円かけてほぼDIY でリノベーション。ローンなしで理想のマイホームをゲットした。広さは55m2、昭和49年築の大規模団地の5階は最上階なので見晴らしも抜群だ。エレベーターはないが、足腰が丈夫になる、エレベーターのメンテナンス費用がかからない、地震のときエレベーターが止まる心配がないなど、考えようによってはデメリットにはならない。また団地は構造的に地震に強いと言われているのも心強い。

 肝心の立地はというと、池袋や渋谷へ電車で1時間以内と都内への通勤も十分可能。最寄り駅からは徒歩20分とやや遠いものの、バスの本数が多く、団地の入り口にバス停があるので問題なし。バス停の近くには大型スーパーなどの商業施設も充実している。Yさんはマイホームをゲットしてから、なんと月々の生活費が10万円程度で済んでいるというから驚きだ。管理費と修繕積立金が月1万5000円、固定資産税も安いのでそれほど負担にならないという。

団地

敷地がゆったりとしていて緑が豊かなのも団地ならではのメリット

「世の中にはやりがいがあるのに給料が安くて続けられない仕事ってけっこうある。そういう人たちにも、こういうマイホームの手に入れ方があることをぜひ知ってほしい」とYさんは話す。Yさんのように夢のマイホームを格安で手に入れた事例は、『リライフプラスvol.9』で紹介中だ。

●リライフプラス編集部ブログ http://blog.livedoor.jp/relifekk/

取材・文/リライフプラス編集部 撮影/山田耕司

リライフプラス vol.9

中古マンション×リノベーションの専門誌

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中