東京オートサロン2013【美人コンパニオン画像集】

東京オートサロン2013

東京オートサロン2013(WALD INTERNATIONAL)

 日本が誇る世界最大級のカスタムカーの祭典『東京オートサロン2013 with NAPAC』が、千葉市の幕張メッセで開幕した。31回目を迎えた今年は、出展者数452社、出展車両台数802台で、昨年を上回り史上最大。そして今年もその盛り上げに一役買っているのが、会場を彩るコンパニオンたちだ。ペーパードライバーで車のことはよく分からない記者が、彼女たちの写真を中心にイベント初日の様子をお伝えする。

 各ブース一様に美女揃いだが、なかでもパイオニアのコンパニオンたちのプロポーションは抜群だ。その秘訣は「中学でバレーボール、高校時代には自主的に筋トレをして鍛えていました。いまは、特別なトレーニングはしてません」という。うっすらと浮かぶ腹直筋の割れ目は日頃からの鍛錬の何よりの証しだ。

⇒【パイオニアの美女】http://nikkan-spa.jp/367982/tas_01

 カスタムカー同様コンパニオンたちの衣装もバラエティに富んでおり、レースクイーン系を筆頭にギャル系、制服系、ゴージャス系、コスプレ系など様々なコスチュームで来場者を迎えてくれる。外国人モデルや驚異の8等身美女にも遭遇する中、TWSのブースではポールダンサーも登場。華麗なショーで会場を盛り上げた。

⇒【厳選コンパニオン】http://nikkan-spa.jp/367982/tas_08

 車に関する知識がほとんど無い記者だったが、取材を進めるなかで、各出展者の想いや企業努力の一端に触れることができ、非常に有意義な時間となった。その中のひとつ、Liberty Walkはピンク色のド派手なリムジンを展示。アメリカの専門業者の手でクライスラーを改造し、日本へ輸送後自社のパーツを加え仕上げたという全長9m、販売価格1500万円の代物だ。その価格と実用性の難しさから売約は見込めないそうだが、「若者の車離れが進んでいるこんな時代だからこそ、この車を見た子供たちに『カッコ良い!』とか『スゴい!』と思ってもらい、もっと車を好きになってもらいたい」という強い想いから、採算を度外視して今回の展示に踏み切ったいう。自社の製品をPRするだけでなく、市場が縮小傾向にある業界全体を盛り上げようというその気概は、イベントを盛り上げる何よりの原動力だ。

東京オートサロン2013

全長9mの特製リムジン(Liberty Walk)

⇒【ピンクのリムジン】http://nikkan-spa.jp/367982/tas_20

 コンパニオンたちをじっくり見るも良し、車のプロたちの気概に触れるも良し。東京オートサロンは13日(日)まで開催中だ。この機会に是非行ってみてはいかがだろうか。

⇒【その他の画像】http://nikkan-spa.jp/367982/tas_29

<取材・文/福田悠 撮影/林健太>

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中