体毛嫌いの彼女が彼氏の全身をツルツルに剃毛

草食系男子だの肉食系女子だのと、男女のパワーバランスも劇的な変化を遂げ、「黙って俺についてこい!」なんて大口はもはや叩けないシビアな時代。巷では、“俺色”ならぬ“彼女色”に染められた男たちが急増中。言われるままに女に改造された男たちを一挙紹介! 心して見るべし

【外見編】
◆体毛嫌いの彼女が彼氏の全身をツルツルに剃毛!!

剃毛彼氏

ワキ毛も毎日処理女子以上に体毛に気を使うようになった。「背中は彼女に剃ってもらう」という徹底ぶりだが、本人はまんざらでもなさそう

男の胸毛や乳首毛が相当嫌いらしく、初エッチ以来、全身剃毛しています。当然ヒゲも禁止。アソコの毛だけは免除されていますがギャランドゥはダメです。最初は剃るとチクチクするのが嫌だったけど、今は剃らなければ落ち着かないように」(31歳・講師)と、ここまでくれば変態の領域か。変態といえば、コスプレに目覚めさせる例も多い。

「彼女にナース服やセーラー服を着せられて以来、ウィッグに化粧までさせられ、だんだん本格的に。外まで出歩くようになり、女装に目覚めてきた」(31歳・テレビ)

思わぬ素質の開花も彼女色に染められてこそ! この他にも、「もう40歳なのに、17歳年下の彼女にギャル男風にされています。黒髪は茶髪メッシュ。豹柄のドレスシャツにデニムをブーツインして」という痛いギャルおっさん化から、「スティッチ好きの彼女に染められて全身スティッチでジムに現れた28歳童貞の格闘技青年の僕。通称“フェアリー”と呼ばれています」まで、その染まりようは十人十色。愛する女性の好みになれるとはいえ、あなたならどこまで受け入れられますか?

― 彼女&嫁に[改造された男]大集合【3】 -

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中