ソマリア海賊に懲役10年。世界と比べると短いのか?

 かねてから日刊SPA!の記者として、そしてソマリ語国際放送「ホーン・ケーブル・テレビジョン」(HCTV)の東京支局のボランティア・スタッフとして注目していた「なぜか日本で、そして裁判員裁判で裁かれるソマリアの海賊たち」。

 彼ら4名のうち2名に、本日、海賊対処法違反(運航支配未遂)の罪で懲役10年の判決が東京地裁で下った。

 足かけ3年に渡ってこの裁判を追ってきた私は、前回の記事(海賊はロケットランチャーをタンカーに向けた【ソマリア海賊裁判傍聴記】http://nikkan-spa.jp/369678)掲載後も、HCTV東京支局長の辺境作家・高野秀行氏と共に東京地裁に赴き、傍聴券の抽選にチャレンジ。だが、続報できなかったのは、私が抽選に外れたからだ(高野局長は抽選に当たり、被告への尋問を傍聴した)。

 そして迎えた、本日の判決。

東京地裁

東京地裁では、ソマリア海賊に懲役10年の判決が下った

 高野支局長から「2月1日からオレはタイに行ってしまうので、判決を見届けてくれ」と託され、「はい!」と一人東京地裁に向かったものの……。定員20名に対して、集まったのは71名。7番目に並んで、整理券番号も「107」だった私は、ラッキーセブンで今日はすっかり当たる気分でいたが、貼り出された紙に私の番号はなかった……。

 ということで、報道を見ながらこの記事を書いているのだが、果たしてこの懲役10年という判決は、世界的に見てどうなのか? 実際の犯行状況や、各国の法習慣などもあるだろうから一概には比べられないが、ネットで調べる限り、アメリカでは禁固33年9か月、韓国では懲役13~15年、スペインでは禁固439年などの判決が下っているようで、バラつきがあるようだ。

 しかし、こういった裁判が世界各国で行われたのは、そもそもソマリアが無政府状態だったから。日本で裁かれている海賊たちが犯行を行った2011年3月時点では、ソマリアは北部のソマリランドが独立を宣言(しかし、国際的には無視されている)、北東部もプントランドとして自治が行われており、南部は無政府状態、という国家三分状態だった。

 だが、ソマリアでは昨年8月に選挙を経て新政府が樹立されている。これで、「海賊の裁判が世界各国で行われるという状況は変わるのでは?」と、高野支局長は予測する。ちなみに支局長は昨年11月にもソマリアを訪れている。

「新政府って言っても、ソマリランドは新政府を無視している状態。プントランドは従うみたいだけど、新政府にソマリア全土を統治する能力があるかというとかなり疑問。でも、一応、新政府ができたわけだからね。これまでは海賊を捕まえても裁く場所がないから、各国が引き取っていたわけだけど、新政府に押し付けられることになるんじゃないかな」

 ということは、一連のソマリア海賊裁判が日本で行われるのは今回の事件が最後になるかもしれない。今回は4名のうち2名への判決だったが、残り2名の少年は家裁から逆送され、起訴されているので、また裁判が行われるはず。今後も、高野支局長と「日本に送られたソマリア海賊たち」に注目していきたい。

<取材・文/織田曜一郎(本誌兼「HCTV」東京支局ボランティアスタッフ)>

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術
sponsored
提供元:NTTコミュニケーションズ  心もカラダも解放的になる夏――。とはいえ海、花火、フェス、キャンプ、BBQと満載の夏の予定とは裏腹に、さみしくな…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(16)
メンズファッションバイヤーMB
GUの590円スカーフは1万円の高級品に見劣りしない! プロの目も欺く開発力がスゴい
山田ゴメス
東京・西葛西に「リトルインド街」が誕生?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード07=リック・ルードの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第160回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
大川弘一の「俺から目線」
死ぬことが決まっている沼――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中