スタンプを制する者が、LINEを制す

◆メールが下手でも問題なし!スタンプを制する者が、LINEを制す!

するぷ氏

するぷ氏

 いま、10~20代を中心に人気のツールが、NHNが提供するサービス「LINE」だ。この1月には世界中でユーザー1億人を突破。そんななか「LINEはメールとは作法が違う」と語るのは、ブロガーで、LINEヘビーユーザーのするぷ氏。

「まず、LINEとメールの大きな違いは、メールは一度に大量の文章を送るけど、LINEはリアルタイムで短文を何個も送るという点。もはやチャットに近いですね。即時性が大事なので、目上の人とのやりとりでも『お世話になっております』など、儀礼的な文章はほとんど使いません。丁寧なつもりでも、こうした儀礼的文章を使うのはちょっと野暮ですね」

 LINEの一番の特色といえばスタンプの存在。絵文字よりもインパクトが大きく、スタンプだけのやりとりでコミュニケーションを成立させる機会も多いとか。

「僕自身、言葉だけでは伝わりづらい『なにか』を伝えたいときにスタンプは重宝します。たとえば、相手が落ち込んでいて言葉をかけづらいときには『元気出せよ!』というニュアンスのスタンプを送ってみたり。ヘタに見当違いな言葉をかけるよりも、こちらの意図が伝わりやすいので便利ですよ」

 文字を使わず、イラストだけで取るコミュニケーション方法。手紙やメールともまた違う、新たな文化が生まれつつあるようだ。

⇒【画像】スタンプだけのやりとりもできる「LINE」
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=381129


LINE

スタンプだけのやりとりで、相手を励ましているやりとり。相手がスタンプからこちらの思惑を想像してくれるので、ヘタに文章を送るよりも相手に気持ちが伝わりやすい。ちなみに、無料と有料のスタンプがあり、有料のレアスタンプだと、相手に喜ばれることも多いのだとか

【するぷ氏】
ブログ「和洋風KAI」(http://wayohoo.com/)を運営する有名ブロガーで、LINEヘビーユーザー。コグレマサト氏との共著に『必ず結果が出るブログ運営テクニック100』がある

(C)NHN Japan Corporation
取材・文/小山田裕哉 藤村はるな 取材/黒田知道 高島昌俊 山脇麻生 撮影/山川修一(本誌) イラスト/テラムラリョウ
― 10分で激変!デキる男になる[メール文章講座]【6】 ―

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中