【妻が不倫する5つの特徴】人妻を撮り続ける溜池ゴローAV監督が警鐘

不倫妻 “人妻モノ”の面接や撮影現場で数多の不貞妻をプロファイルしてきたAV監督・溜池ゴロー氏は、“自分の妻は大丈夫”と思い込む既婚男性に警鐘を鳴らす。

「不倫中の奥さんはたいがい『自分が女でいられる時間がない』って言うんです。○○さんの奥さん、○○ちゃんのママとしか呼ばれない日々だと、本能的に“女じゃなくなる”と危機感を抱き、不倫に走ってしまうんでしょう」

 そこでこんな奥さんは不倫の確率が高いという、5つの特徴を教えていただいた。

「まず(1)【旦那とのセックス頻度が週1未満】。2か月以上していないならかなり危険です。次に(2)【旦那とデートしていない】。これでは精神的に女性として充足感がありません。そして(3)【自由な時間がある】。お子さんが小学生以上なら、平日の昼間は一人きりですからね。あとは(4)【女同士のネットワークがある】。パート仲間や習い事仲間がいると、いくらでもアリバイが作れますから。最後は(5)【旦那が浮気している】。旦那の浮気はすぐバレますし、それならば私も、という心理になってしまいます」

 では妻の不倫予防対策法は?

「先の(1)(2)を改善するのが最重要。あとはマメに電話をする。メールだと奥さんがどこにいて、何をしているのかがわからない。それにマメに電話で話す習慣があると、二人の心の距離も近くなります」

 それでも不倫されてしまったら、大激怒してしまいそうだが……。

「それはよくない。怒って問い詰めては、奥さんが余計反発するだけ。離婚したくないのならば、必ず旦那さん自身にも原因があるのだから、自分の悪かった部分を謝って『不倫相手と別れてください』と伝えることですね」

 2/19発売の週刊SPA!「フツーの人妻が激白!「私の初不倫」セキララ告白集
」特集
では、不倫経験のある人妻100人アンケートを実施。約9割が「夫にはバレていない」という驚愕の結果が出た。特集では不倫妻たちの告白と合わせて、「妻の不倫を見分けるテクニック」なども紹介している。 <取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/寺川正嗣>

【溜池ゴロー氏】
AVレーベル「溜池ゴロー」代表のAV監督。「美熟女」というジャンルを確立させた人物であり、本物の人妻を女優に起用すること多数

週刊SPA!2/26号(2/19発売)

表紙の人/HKT48

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中