世界最速レベル・625馬力のスーパーカーの乗り心地は?

毎年恒例のJAIA(日本自動車輸入組合)大試乗会から今年もお声がかかった本誌取材班。目玉はなんといっても、あのマクラーレンが手掛けた市販車「MP4-12C」。人気車種ゆえ、試乗枠は抽選でしたが、数多の自動車専門誌を退けて当選! 我々、貧乏人には一生縁がない雲上界の超絶スーパーカーを運転することができ、至福の時間を過ごしました!

マクラーレン

何はともあれ、憧れのマクラーレンを運転できて幸せでした。天国に旅立ったおばあちゃんもきっと許してくれると思います(K)

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=撮影 Photographs by Ikenohira Masanobu

⇒【前編】はコチラ

◆シロート3人が2790万円のスーパーカーに乗ってみた!【後編】

 では、本誌シロート衆は、世界最速レベル・625馬力のスーパーカーに乗ってどのように感じたのか? まずは前担当の副編Tから。

T「雨だったこともあり、怖くてちっとも踏み込めませんでした。まあ飛ばせたにせよ、すごく速かったです程度の感想しかないと思いますが」

 シロートにいいものを食わせても「おいし~い!」としか言えないのと同じである。

T「ただ、全体の印象は、ファンサービスが足りないという感じです。プロ野球でいうと元ロッテの小坂みたいな感じでしょうかね。その点、ちらっと覗いたフェラーリの室内は、ゴージャスで素敵でした。さすが、金持ちの気持ちがよくわかっていると思いました」

 元ロッテの小坂! スマン、知りません。次、前々担当のA。

A「雨で、625馬力のドッカンぶりも、カーボンモノコックボディもエアブレーキの性能もなーんにもわからなかったけど、一生縁がないと思ってたマクラーレンに乗れて幸せでした! 帰路、MJさんのフェラーリの助手席で、マクラーレンとは対照的な官能サウンドに昇天しました。マクラーレンが自動車技術の頂点なら、フェラーリは自動車芸術の頂点ですかね」

 実に的を射ている。速さのマクラーレン、官能のフェラーリなのだ。最後に、祖母の通夜よりマクラーレンを選んだ現担当K。

K「前乗ったMJさんのカウンタックより運転しやすかったです」

 それは当たり前。

K「フェラーリと比べると高級感がないです。マクラーレンのほうが運転マニア向けですかね?」

 それはその通り。

K「ドアを開けるとき、ヘンなところを撫でる仕組みですけど、あれはスケベおやじがお姉さんのお尻を触ってるみたいでした」

 シロートをスーパーカーに乗せても、この程度の感想しか出ないということがよくわかりました! 以上報告終わり!

【結論】
ドライ路面でマクラーレンのアクセルを床まで踏み込み8500回転までブチ回すと、ドッカンターボの超絶加速Gが立ち上がり一発で車酔いします。フェラーリはひたすら気持ち良くなるのでそこが最大の違いですネ!

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中