ゴロ寝PCシリーズ開発秘話「寝ずに改良してきました」

 毎日何時間、液晶画面と向かいあっているだろうか? 総務省の「平成23年社会生活基本調査」によると、職場以外でのネット利用時間は、25~34歳が最も多く、1時間17分だという。そこまでしてネットにかじりつきたいのか? とも思うのだが、一度馴染んだ生活スタイルは変えられないもの。

 そんなハードネットユーザーの間で、たびたび話題にのぼる商品がある。ユニークなPCグッズに定評のあるサンコーレアモノショップの『ゴロ寝de』シリーズだ。

仰向けゴロ寝deスク

仰向けゴロ寝deスクワイドCOOL

 最新モデルの『仰向けゴロ寝deスク』は、昨年10月に発売され、ベッドの上で仰向けに寝転びながら、ノートパソコンが操作するというイメージ画像に「そこまでするか(笑)」と話題になった。一発商品と思いきや、同シリーズは約8年の歴史の大人気シリーズで、同社の屋台骨の一つでもあるという。そこで、『ゴロ寝de』シリーズ8年の歴史を開発者に振り返ってもらった。

⇒【拡大画像】『ゴロ寝de』シリーズを振り返る
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=396934


◆『ゴロ寝 de スク』(2005年4月発売)

ゴロ寝 de スク

ゴロ寝 de スク

 2005年といえば、Windows XP、Mac OS X Panther(Tiger)の時代。「パソコンをソファーやベッドでダラダラしながら使いたい」というスタッフの「あったらいいな~」から作られた商品だったが、多くの問題点を抱えた商品であった。

「会社が出来たばかりで、オリジナル商品を出すノウハウもなく、試行錯誤でした。最も加工しやすいという理由で木製だったのですが、それが問題でした。木が虫食いになっていたり、割れたり、品質のばらつきが大きく、出荷前の検品が大変でした」

 その後、『ゴロ寝deスクトップ』や『ゴロ寝deマウス』などシリーズの礎となるモデルが登場していくものの、木製商品の検品の大変さは変わらなかった。

◆『ゴロ寝 de スク アルミ』(2006年8月)

 問題を解消したのは、木製からアルミ製への素材変更。重量も使い勝手も、検品の手間も大幅に改善されたという。

「関節の機構を考えるのに苦労しました。ヒントになったのは、ノック式ボールペンの構造。それまでは角度を決めてネジ止めしなければいけなかったのですが、関節も増やし、ワンタッチで動かせるようにしました」

ゴロ寝 de スク アルミ

ゴロ寝 de スク アルミ

 結果は数字になって現れた。単品での売上は約5倍になったという。すると、今度は別の問題も発生した。

「他社の類似商品が多数登場しました。いわゆるコピーものです。小さな町工場みたいなメーカーの商品を、大手メーカーが真似るとはビックリでした。ただ、売上は順調で、『USB手袋』などの『あったかシリーズ』と、液晶モニター用アームに並ぶ屋台骨の一つとなりました」

◆『スーパーゴロ寝クッション』(2008年4月)

 しかし、シリーズ全ての商品が順調というわけにはいかなかった。うつぶせになり、お腹の下にクッションを入れて快適にPC作業をするという『スーパーゴロ寝クッション』は、販売に苦戦したという。

「コンセプトは画期的だったと思うのですが、ものが大きすぎて(笑)。在庫がなんとかなくなって、少しだけ再生産できた程度です」

スーパーゴロ寝クッション

スーパーゴロ寝クッション

 同シリーズは、「ゴロ寝」というコンセプトのもと、風呂場でタブレットなどを使うための『お風呂deゴロ寝デスク』、さらに『スマートフォン用クリップ式フレキシブルアーム』、『ゴロ寝deマウス』など、様々なグッズが生み出されてきた。

 なかには、厳しい販売状況となった商品もあったが、同シリーズは約8年も続いている。他にもユニークな商品を世に送り続けている同社の開発スタッフは、いったいどの様な人物なのだろうか。

「サンコーのオリジナル商品は、日本に2人、中国に2人の4人体制で開発しています。人数が少ないうえ、社風として企画会議でプレゼンという過程もないので、思いついてから発売まで約3ヶ月というスピード感のある現場です。アイデアは、業務時間内で考えるという感じではなく、四六時中考えてます。寝ずに考えをまとめてしまうこともあります(笑)」

 ダラダラするためのグッズを寝ずに考えるとは、仕事への愛というか、日本人らしい真面目ぶりというのだろうか。

「今後も、基本的に商品開発のベクトルは変わりません。大手が採算を考えて作れないものも、『あったらいいな~』だけで作っていきます。『仰向けゴロ寝deスク』でシリーズ改善の歴史で完成形になったと思っています。なので、今後は新機軸を打ち出します。たとえば、苦戦した『スーパーゴロ寝クッション』の超進化版とか……。どんな商品が飛び出すか、楽しみにしてください」

 生活の一部、身体の一部とも言えるパソコン、タブレット、スマホなどのネット端末。これらを快適に、楽しく使うべく生み出されるサンコーの新商品に今後も期待したい。

<取材・文/林健太 取材協力/サンコー(http://www.thanko.jp)>

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中