マツダ・デミオの新技術“SKYアクティブ”に世界が震撼!?

我が国では低燃費の代名詞といってもいいハイブリッドカーに、真っ向からガソリン車で挑んできたマツダ。ビッグマイナーチェンジしたデミオは、“SKYアクティブ”なる新テクノロジーにより、リッター30㎞も走るとか。それって本当? 半信半疑のなか、我が大和(MJブロンディ氏の愛車・ド中古初代プリウス)と最新ハイブリッドカーの3台で、恒例の燃費対決をしてみました!

MJブロンディ=文Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真Photographs by Ikenohira Masanobu

 今、広島の小さな自動車メーカー・マツダの新技術に、世界が震撼しつつある!!

 それは、通常のガソリンエンジンで、ハイブリッドカー並みの低燃費を実現した“SKYアクティブ”テクノロジー

 今後マツダは、全ラインナップにこの“SKYアクティブ”を展開していく予定だが、その第一弾として、マイナーチェンジしたデミオに、「SKYアクティブG」の1300ccエンジンが搭載されました。

 技術的かつ専門的なことを説明しても、諸君らにはチンプンカンプンだろうから一切省略するが、デミオSKYアクティブは、10・15モード燃費で30km/L を達成している。これはホンダのフィットハイブリッドと同じ数値。しかもお値段はデミオのほうが19万円も安い(140万円)。安くて燃費がハイブリッドと同等となれば、世界が震撼するのも無理はなかろう。

 どれくらい世界が驚いているかというと、実際発表されるまで、他メーカーはずっと半信半疑だったくらいなのである。あのトヨタですら、

「我々の計算では、あのエンジン構造で30km/Lは絶対にいかない」と豪語していたくらいである。最近、ちーとも革新的技術を出してないホンダ(かつてのエンジン帝国)は、それこそ地団太踏んで悔しがっているとか。あ、驚いてるのは主に国内メーカーじゃん。

 欧州メーカーは、小排気量直噴ターボとディーゼルターボという技術に絶対の自信をもっているので、まだ余裕ぶっこいてるが、来年、マツダのSKYアクティブディーゼルが登場したら、遅まきながら震撼するんじゃなかろうか? とにかく、いずれ世界が震撼なのである。

 ハイブリッドカーがブームなのは、世界中で日本だけ。世界は、特に新興国では、通常のガソリンエンジンがまだまだ主役を張る。その主役の座に、超ダークホースのマツダがスーパールーキーを送り出したんだから痛快じゃないか! なでしこジャパンみたいなもんですね。

 ところで、実際のところ燃費はどうなのか?次回は我が大和と最新ハイブリッドカー3台での燃費対決を行います。

※後編はこちら⇒http://nikkan-spa.jp/40234

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中