288万円のベンツは非常に刺激的

 メルセデス・ベンツのコンパクトカー「Aクラス」がフルモデルチェンジを行った。3代目となった新型はこれまでの背高ノッポなボディスタイルをやめ、1420~1435mmと低いルーフラインを特徴としている。A180に搭載されるエンジンは2012年にデビューした新型Bクラスと共通の直列4気筒1.6リッター・ターボエンジン(122馬力)を搭載し、7速のデュアルクラッチトランスミッション(DCT)を組み合わせた。遅れて登場するA250には、直列4気筒2リッター・ターボエンジン(210馬力)を搭載する予定だ。

 試乗したのはA180で、標準仕様の「ブルエフィシェンシー」とスポーツ志向の「ブルーエフィシェンシー スポーツ」の2台。両グレードの違いは主に外観で、「スポーツ」はフロントバンパーの開口部が大きくなっているほか、リヤバンパーもワイド感を強調したものになっていて全長も65mm長い。ホイールも18インチと1インチ大きくなっている。

 インテリアは新世代メルセデスの流儀にのっとり、曲線と曲面を多用した彫の深いデザインが採用されていて、新型Aクラスのキャラクターを色濃くしている部分でもある。本来ある位置にシフトレバーがなく、上級モデルのEクラスなどに採用されている「ダイレクトセレクト」を搭載しているため低いキャビンでもサイズ以上にゆとりを実感できるのもいい。ルーフには耐熱強化ガラスを採用した「パノラミックスライディングルーフ」を採用。これも開放感の演出に一役かっているのだが、外観からもルーフの大部分がブラックガラスとなるため引き締まったイメージとなるものいい。

 試乗コースは御殿場市街と箱根のワインディング路。まずは「ブルーエフィシェンシー」で市街地を走らせる。昨春にBクラスを走らせた同じ道をトレースしながら、Aクラスとの違いを探る。スペック上は両車ともに違いが少なく、車両重量にしてもAクラスが20kg軽いだけなのだが、Aクラスの走りは非常に活発でとても同じパワーユニットとは思えない。実は、Bクラスはスタート時にもたつく印象で、イメージ通りに走らせるにはアクセルを多めに踏み込む必要があった。絶対的なパワーが不足しているわけではないので、踏んだ分しっかりと加速はするのだが、なにせおっとりとした印象が強かった。これは、多くのメルセデス・ベンツが採用する後輪駆動ではなく、前輪駆動であることに加えて、DCTのセッティング上、致し方ない部分であったためだが、刺激的な走りをウリにしたいAクラスでは、もう少し元気な走りが楽しめるように変更されている。

 次に「ブルーエフィシェンシー スポーツ」に乗り換えてワインディング路に向かうが、驚いたことにスタート直後から「ブルーエフィシェンシー」との違いは歴然だった。キャビンに入り込むエンジン音は低音域が強調され、気分を高揚させる高音域のタービン音もキレイに耳に届いてくる。体感上のピークパワーは同じなのに、20km/hあたりからのパワーの盛り上がり方に力強さが加わるなど明らかに一枚上手だ。冒頭のとおり、A180はどちらのグレードもまったく同じエンジンで、車重にしても10kg「スポーツ」のほうが重いだけ。実はこれもメルセデス・ベンツならではの演出方法で、カタログやスペック上には変更を加えなくとも、体感ポイントに微妙なアクセントを加えることで、グレードの違いを明確にしているのだ。

 乗り心地も非常に優秀で、見た目を裏切らないアスリート的な身のこなしが気持ちいい。この10年、メルセデス・ベンツのコンパクトクラスが目指した足回りは、わかりやすいスポーツ性、つまり硬さだったが、ここにきて少し快適方向へとシフトした感がある。往年のメルセデス・ベンツは安全と融合した快適性が自慢だったが、最新の各モデルは、スポーティでありがながら安全・快適という新たなベクトルを設計思想に採り入れているようだ。

 さて、Aクラスの車両価格は288万円からと非常に魅力的なのだが、このクラスの輸入車はライバルが多い。ボルボの最新モデル「V40」にはじまり、年央には7代目となる新型「ゴルフ」もデビューする。登録諸費用を含めて350万円以下のクルマ選びは非常におもしろくなりそうだ。 <取材・文・写真/西村直人>

⇒【写真】別角度からのメルセデス・ベンツ 新型Aクラス
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=405957


橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中