ご当地アイドルLinQ メンバーとの会話2分500円の衝撃

アイドル業界で今年のキーワードとされているのが“ローカル”。東京以外を本拠地とするグループたちだ。今回はインディーズながら2万枚のCDをセールスし、4/17にメジャーデビューを飾ったLinQを密着取材。彼女たちの先にローカルアイドルの可能性を探った。

◆どこよりも楽しいメンバーとの2分間トーク

LinQ

東京でのライブやイベント後も福岡の公演と同様、握手会や物販が行われるのだ

 アイドルとの距離が近いほどファンの満足度は高まる。LinQは公演後の物販に定評があり、距離の近さを体感できる。ファンは通常物販のほかに、500円のLinQコインを買い、好きなメンバーの列に並ぶ。コインを渡すとそのコの生写真数種類の中から一枚を選べ、そこにイラストやサインを書いてくれる。この間の約2分、会話ができるというシステムだ。

「ほかのアイドルの握手会と違って、物販の商品は安いし、話せる時間も長い。そのコを深く知れてより好きになれるんです」(20代男性)

 無理のない金額で満足できるから、ハマりやすいのだ。

⇒【写真】http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=406705

◆総勢29人。13~26歳までの雑草アイドル

 メンバーは全員で29人、年齢は13~26歳と幅広い。ローカルアイドルとしては大規模なのも魅力だ。

「年齢層が幅広くて、近い年のコもいるから楽しい」(20代女性)と同世代の女性からの支持も高くファンの2割ほどは若い女性だ。

 また「売れるかわからない状況で頑張る姿勢がいい」(40代男性)、と人間性に引かれたという声も。正直、稼ぎがよくないなか、事務所の雑用を手伝いバイト代を貰うなどして生活をしているメンバーもいる。いつかは売れたいという気持ちから、“雑草アイドル”と自分たちを表現するLinQ。泥くささも持ったグループなのだ。

⇒【写真】http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=406702

― ご当地アイドル・LinQ メジャーデビューまでの軌跡【2】 ―

チャイムが終われば(初回限定盤A)

メジャーデビュー第1弾シングル!

Love in Qushu ~LinQ 第一楽章~(+1/限定盤)

公演セットリストを再現した1stアルバム

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中