「F1マシンは、思ったより安上がり」F1オーナーの弁

 マンガやアニメの世界ならともかく、現実にはほかのクルマと一緒に公道を走らせられないF1マシン。そんなものを買っていったいどーするのか?っていうか、F1マシンっていくらで買えるの?趣味が高じて、F1マシンを手に入れてしまった人々に、F1マシンを買うことの意味を問うてみました!

ティレルクラス

ティレルクラス お値段:3000万円前後 年間維持費:数百万円?

MJブロンディ=文 Text by Shmizu Souichi
池之平昌信=撮影 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆究極の自動車趣味F1マシンを買ってみたらこうなった!【後編】

⇒【前編】はコチラ

 やはり中嶋選手が乗っていたロータス・ジャッドを6年前に購入した笹本健次氏(オートカージャパン編集長)は言う。

「フェラーリのスペシャルモデルがすごいって言ったって、所詮市販車ですから。F1マシンとは比較にならない。アクセル全開時のあの加速、ブレーキ、コーナリング、すべてが異次元です。一度F1に乗っちゃうと、他のクルマには乗れませんよ」

 8000万円のエンツォ・フェラーリまで購入した笹本氏の言葉だけに、真に迫っている。しかもF1マシンは、思ったより安上がりだという。

笹本氏「僕のロータスは2000万円強。エンツォよりだいぶ安い。それにF1マシンは値下がりしません」

 事情通氏によると、一般人が所有してなんとか走らせることができるのは、’89年から’91年にかけてのカスタマーエンジン(コスワースDFRやジャッド)搭載モデルに限られる。その中でも、ヒストリーのあるティレルやロータスなどの“竹クラス”は、お値段3000万円前後。ミナルディやレイトンハウスなど“梅クラス”なら、1000万円くらいが相場だとか。

 頂点の“松クラス”は、フェラーリやマクラーレンなどの超名門チームのマシンだが、個人で所有できるのはフェラーリだけだ。

事情通「フェラーリは“F1クリエンティ(顧客)”という個人所有システムを作って、うまくビジネスにしているが、マクラーレンは門外不出。過去のF1マシンを売り出すことはないんだよね」

 唯一買えるフェラーリにしても、エンジンをかけるだけで本家の専門チームが必要なので、価格も維持費も数倍に跳ね上がる。それでもフェラーリに取りつかれた超富裕層は、その真髄を味わうため、最後はフェラーリF1マシンを買うというのが、実は定番コースなのだ!

 先日行われた鈴鹿サーキットファン感謝デーで、榎本氏は、自身のティレルを中嶋悟氏にドライブしてもらうことができた。ピットに並べた時点で、熱心なファンがカメラの放列を作り、「ティレルが日本に来た!」、「すげえ!」と大絶賛を浴びた。中嶋さんにも「うれしかったよ、ありがとう」と声をかけてもらえた。

榎本氏「F1マシンを買って、中嶋さんにも乗ってもらえて、人生の夢はすべて果たしました。今後も中嶋さんに乗ってもらえるよう、自分で乗るのはもうやめようかと思います。壊しちゃうといけないですからウフフフフ~」

【結論】
下ばかり見て、クルマなんざいらない、電車やレンタカーで十分と思うのもわかりますが、上には上で、クルマ界には大変高貴で美しい世界が存在しております。下を見るな上を見ろ! 気分で景気を上げて行こうぜ!

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中