過激すぎるアイドル「スチームガールズ」を直撃

 アイドル戦国時代が叫ばれて久しい昨今。東京・秋葉原からまた一つ、「我こそは!」と名乗りを上げるアイドルが登場した。その名も、スチームガールズ。地下アイドル界ではすでに、ド派手なパフォーマンスで話題を振りまいているユニットだ。

 そのライブパフォーマンスは、「やりすぎではないか?」と目を覆わんばかり。なんと、メンバー全員でガスマスクを装着し、各々が手にした銃からスチームガスやレーザーをぶっ放している! そしてその楽曲も、ハードロックに電子音を加えたミクスチャーサウンドがメインで、なんともハードな仕上がり……。

 このように、もはやアイドルなのかすらよくわからない彼女たちだが、今年3月に発売されたシングルCD『仮面女子』(姉妹ユニットのアリス十番とのコラボCD)では、オリコンデイリーチャートで6位、ウィークリーでも13位と、大躍進を果たしている。

レーザー光線は目には向けないように!

 早くも地下アイドル界を飛び出しそうな勢いの彼女たちだが、その素顔は如何なるものか……。直撃インタビューを敢行した

◆そもそもアイドルになろうと思っていなかった!

 秋葉原にある「アリスプロジェクト常設劇場」で、スチームガールズといざご対面。メンバーを代表してインタビューに応じてくれたのは、リーダーの新矢皐月さん、小柳朋恵さん、神谷えりなさんの3人だ。

――そもそも、なんでガスマスクを?

新矢:私たちが所属しているアリスプロジェクトに所属する、お姉さんユニット「アリス十番」が、ジェイソンマスクをかぶっているんですよ。そこで、私たちが昨年の10月に結成されたときに、「同じようになにか被りモノをしよう」となったんです。その際に、なぜかガスマスクを事務所から授かって、かぶることになりました(笑)。

神谷:お姉さんたちは自分たちでジェイソンマスクをかぶることにしたそうなんですが、私たちは事務所から貰った形ですね(笑)。

――ガスマスクをかぶれと、最初に言われた時の印象はどうでしたか?

神谷:いや~、どういう風になるのか想像つかなかったですね。

小柳:ガスマスクって何?それってアイドルなんですか?って思いましたし。

新矢:渡されたときに「え、ゴツクないか?」と思いましたよ。しかも、マスクにたくさん棘が付いてるんで、よく衣装や肌に刺さって痛いんです!

――ちなみに、このマスクはオリジナルなんですか?

左からリーダーの新矢皐月さん、小柳朋恵さん、神谷えりなさん

小柳:いや、実はネットで売っているヤツです(笑)。だから、ファンの方も一緒のマスクを買ってくれて、同じものを付けている人も多いんですよ。

――皆さんがスチームガールズに入ったきっかけを教えてください。

新矢:私たちはみんな、ネットで募集を見てオーディションに集まったメンバーなんですよ。私は実家の青森県にいるときに応募しました。正直言うと、あんまりアイドルになろうと思って来たわけじゃないんです。「将来何しようかな~」と思っていたときに、たまたま募集を見かけて、応募したら受かって、気付いたらガスマスクを渡されていたという……。

小柳:私も長崎県にいたころに、友達がアリスプロジェクトに応募していて、それで一緒に受けただけなんです。私って元々、アイドルっぽくない人間なんで、アイドルには興味がなかったんですよ。でも、やりたいことも特にないから「なんとなくやってみようかな~」と、思い切って上京して来ました。

新矢:どちからというと田舎の元ヤンなんです、このコは。

小柳:違いますよ!どちらかというと、ヘタレヤンキー・キャラでした。

神谷:私は静岡県出身なんですが、以前は大阪の学校に通っていて、そのときに「就職ヤバいな~」と焦っていたんです。で、そのときにたまたまアリスプロジェクトの募集を見つけて、東京に来ました。

――では、地方出身の方のほうが多いんですか?

新矢:そうですね。地方出身者ばっかりです。ちょうど、私が高校を卒業して1年で、小柳は中学を卒業して1年です。で、実は上京したのはいいけど、住むところがなくて……。それで、いまだに事務所の空き部屋に住んでいるんです(笑)。

――え、本当ですか!?

小柳:ハイ(笑)。私らのほかにも同じようなコがいて、6畳間にメンバー4人で寝泊まりしているんです。結成当初は、みんな方言丸出しで話していたので、初めて会ったメンバーから「外国の方ですか?」と聞かれたこともありました。今でも事務所から「1年で標準語に慣れてね」と言われています(笑)。

――新矢さんがリーダーに選ばれた理由は何ですか?

新矢:う~ん、なんで選ばれたのか、正直よくわからないんですよ。メンバーには、アリスプロジェクト内での先輩の方とか、東大生のコもいるのに……。けど、なぜか私がやらせていただいてます。ただ、事務所の人からなんとなく聞いた話だと、「嵐でいう大野くん」のイメージらしいです。私にはよくわからないのですが……。 <取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/難波雄史>

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/419602

⇒個性豊かなその他のメンバーもこちらでチェック!
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=416165


【スチームガールズ】
アリスプロジェクトから登場した第二のアイドルユニット。ツイッターで「スチガ」とつぶやくと、メンバーが フォローしにくるらしいので、要チェック。また、スチームガールズやアリス十番など、地下アイド ルたちの過酷な現状を無料配信中(http://www.alice-project.biz/alice_documentary.php

仮面女子

アリス十番&スチームガールズのコラボ!

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中