「日本車 VS ドイツ車 VS フランス車」4種目対決の“勝車”は?

⇒【前編】
日本車?ドイツ車?フランス車?クルマ選びの基準を牛丼に例えてみた


今回登場するシトロエンC4というクルマが、あまりにもマイナー過ぎるので、日本車&ドイツ車と4種目で対決させつつご紹介したいと思います。


 まず値段。シトロエンC4は、1.6リッターノンターボエンジンを積んだ普及モデルが256万円。

 一方、BMWミニ初の4ドア車として売れ行き好調のミニ・クロスオーバーは、“クーパー”のATモデルで312万円とチト高い。

 日本車は、最もポピュラーな一台ということでトヨタヴィッツのRS(1.5リッター)を選んでみました。ヴィッツなら100万円そこそこだろうと思ったら大間違いで、RSは179万円。しかもナビが22万円、その他オプションも合計すると208万円! それでも圧倒的に安いけど、ヴィッツに200万円かあ、と思うとかなりシビれますな。

 走りは、3台とも可もなく不可もなし。ヴィッツもさすがRSはしっかりしてる。ミニはドイツ車らしくガッチリだが、ノンターボモデルの加速はイマイチ、ヴィッツRSといい勝負だった。

 そしてシトロエンは、さすがおフランス製、乗り心地がフンワリしててダントツにステキ。エンジンはミニとほぼ同じ(ミニから技術供与)。組み合わされるATは、ミニは6速、C4が4速で、メカに差がついているが、乗り心地のリードでC4の勝利でした。

 オシャレ度は、ヴィッツは圏外。ヴィッツというだけで、高速ではナメられアオられっぱなし(涙)。ミニはインテリアのオシャレ度がブッチギリ。そしてオシャレが命のはずのフランス車・シトロエンC4は、見た目がどこか三菱車っぽく、内装もやや地味。残念ながらミニの後塵を浴びました。

 最後の種目は燃費対決。富士スピードウェイ周辺の一般道を3台連なってフツーに走らせてみたところ、ヴィッツRSがリッター15.4kmでトップ、続いて6速ATのミニが11.7km、4速ATのC4が10.9kmという結果に。

 最近、国産車ユーザーの間では、燃費性能の重視度が急上昇中で、値段(値引き)と室内の広さの次くらいに来ているが、ガイシャユーザーはまだ優先度10番目以下というのが現実です。結局、お互いターゲットがカブることは皆無なので、こうやって比較しても、まったく意味ないっちゃないんですが……。

燃費だけならヴィッツRSの大勝利。でも、ガイシャユーザーは国産車ユーザーほど燃費を気にしていません。値段も燃費もデザインもステキな1台はないんでしょうか……

【結論!】
このように4種目中2種目で勝利を挙げたヴィッツが優勝しましたが、この3台を比較検討するユーザーなんぞ絶無。ただ、日本市場のシェアはこうして決定されているのだなあ、ということだけは感じていただけました?

文/MJブロンディ(Text by Shimizu Souichi) 写真/池之平昌信

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中