「いまの保活はまるで偏差値競争」保育ジャーナリストが嘆く現状

待機児童問題が叫ばれて久しいなか、子供を保育園に入れる活動、通称「保活」も激化の一途を辿っている。「なんとか我が子をいい保育園に入れたい……」。そんな思いで各家庭が鎬を削る裏では、壮絶な保活に巻き込まれ、悲惨な目に遭う家族の姿があった!

◆保育ジャーナリストが解説する保活の現状

猪熊弘子氏

猪熊弘子氏

 認可保育園に入れたいという親の願望は、ますます強まっています。なかには環境の整った認可外保育所もありますが、園庭がなかったり、経験が浅い保育士ばかり働く施設が圧倒的に多い。私の育児経験上、園庭のある施設で育った子供のほうが、小学生以降の運動能力が優れる傾向があると感じます。親心を考えれば、やはり認可保育園の競争率が高まるのはやむを得ないでしょう。

 保活の激戦区というと、杉並区や世田谷区などが挙げられがちですが、近年急激に競争率が増しているのが港区です。極端な話、大きなマンション郡が建っただけで、その地域の競争が激化するということは珍しくないのです。

 今、首都圏では認可園の優先度がポイント制になっている自治体が多いので、まるで偏差値競争のようになってしまっている。「●点で入園できるのはどこか?」などと私に相談にくる方も多い。保育本来の役割を考えるとこれは異常な状況なのですが、シビアな保活合戦は続きそうです。

【猪熊弘子氏】
ジャーナリスト。東京都市大学客員准教授。自身も4児の母親であり、保育や教育など中心に執筆・取材活動を行う。『死を招いた保育』(ひとなる書房)など保育関連の著書多数

― パパが見た[保活地獄]の阿鼻叫喚【3】 ―

死を招いた保育―ルポルタージュ上尾保育所事件の真相

命の重みを背負った保育の質を問う、著者渾身のルポ

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中