「いまの保活はまるで偏差値競争」保育ジャーナリストが嘆く現状

待機児童問題が叫ばれて久しいなか、子供を保育園に入れる活動、通称「保活」も激化の一途を辿っている。「なんとか我が子をいい保育園に入れたい……」。そんな思いで各家庭が鎬を削る裏では、壮絶な保活に巻き込まれ、悲惨な目に遭う家族の姿があった!

◆保育ジャーナリストが解説する保活の現状

猪熊弘子氏

猪熊弘子氏

 認可保育園に入れたいという親の願望は、ますます強まっています。なかには環境の整った認可外保育所もありますが、園庭がなかったり、経験が浅い保育士ばかり働く施設が圧倒的に多い。私の育児経験上、園庭のある施設で育った子供のほうが、小学生以降の運動能力が優れる傾向があると感じます。親心を考えれば、やはり認可保育園の競争率が高まるのはやむを得ないでしょう。

 保活の激戦区というと、杉並区や世田谷区などが挙げられがちですが、近年急激に競争率が増しているのが港区です。極端な話、大きなマンション郡が建っただけで、その地域の競争が激化するということは珍しくないのです。

 今、首都圏では認可園の優先度がポイント制になっている自治体が多いので、まるで偏差値競争のようになってしまっている。「●点で入園できるのはどこか?」などと私に相談にくる方も多い。保育本来の役割を考えるとこれは異常な状況なのですが、シビアな保活合戦は続きそうです。

【猪熊弘子氏】
ジャーナリスト。東京都市大学客員准教授。自身も4児の母親であり、保育や教育など中心に執筆・取材活動を行う。『死を招いた保育』(ひとなる書房)など保育関連の著書多数

― パパが見た[保活地獄]の阿鼻叫喚【3】 ―

死を招いた保育―ルポルタージュ上尾保育所事件の真相

命の重みを背負った保育の質を問う、著者渾身のルポ

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中